2021年01月26日 13時00分

Source: NEC Corporation

NEC、台湾交通部中央気象局へ海底ケーブル式地震津波観測システムを納入


東京, 2021年01月26日 - (JCN Newswire) - NECは台湾交通部中央気象局へ、海底ケーブル式地震津波観測システムを納入しました。これはNEC台湾と台湾交通部中央気象局との契約に基づくプロジェクトで、システムを構成する光海底ケーブル、海底観測ユニット、光海底中継器をはじめとする全ての製品は日本国内の工場で製造・組み立てが行われました。

台湾交通部中央気象局は、台湾東部沖の地震の早期警報能力を向上させるため、台湾沿岸に津波警報機能を設け、2007年に「台湾東部海域ケーブル式海底地震計および海洋物理観測システム」(Marine Cable Hosted Observatory, MACHO)の建設計画に取り組み始めました。

今回納入されたシステムは主として台湾東部の宜蘭沖から屏東県枋山にいたる海域での地震および津波の観測を目的としており、海底ケーブルの長さは620キロメートル、最深部の設置深度は水深5,800メートルです。

台湾交通部中央気象局によると、このシステムの導入により台湾の東部海域で地震が発生した場合、実際の揺れを感じる10秒以上前に緊急警報を発出することができ、また沿岸地域に津波が到達する20-30分前に津波警報を発出することができるようになります。このように本システムにより、台湾での早期警報による防災・減災能力の強化に貢献します。例えば、公共交通システムMRT(Mass Rapid Transit)やHSR(High Speed Rail)は地震発生時、速やかに減速を行うことができます。

NECは、過去50年以上にわたり海底ケーブルシステム事業を手掛ける海底ケーブルのトップベンダーです。地球7.5周分のべ30万kmを超える敷設実績があり、特に日本を含むアジア・太平洋地域で強みを有しています。また、陸上に設置する光伝送端局装置・光海底中継器・光海底ケーブルなどの製造、海洋調査とルート設計、光海底ケーブルシステムの据付・敷設工事、訓練から引渡試験まで、全てをシステムインテグレータとして提供しています。なお、日本で唯一、深海8,000メートルの水圧に耐えられる光海底ケーブルを製造可能なNECの子会社である株式会社OCC(注)が、本ケーブルの製造を担当しています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202101/20210126_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

Source: NEC Corporation
セクター: IT

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


NEC、GIGAスクール構想の推進に向けて教育ICT事業を強化
2021年02月25日 10時00分
 
NEC・凸版印刷・マクニカ・コトバデザイン、平城宮跡歴史公園でローカル5GやMRを活用した新たな観光体験の実証実験を実施
2021年02月22日 10時00分
 
Northgate Public Servicesの社名変更について
2021年02月22日 10時00分
 
デジタルガレージ・NEC・レピダム、秘密計算の普及に向け技術の安全性基準を検討する「秘密計算研究会」を発足
2021年02月18日 10時00分
 
NEC、Vリーグで試合観戦の満足度に応じたチケット価格の決定と感情分析の可視化に係る実証実験を実施
2021年02月18日 10時00分
 
NEC、ローカル5Gに関する開発供給計画の認定を取得
2021年02月17日 11時00分
 
NEC、ServiceNowを活用したITサービス運用を高度化するソリューションを販売開始
2021年02月17日 10時00分
 
NEC、投資有価証券売却益の計上に関するお知らせ
2021年02月17日 10時00分
 
NEC、チェコ気象庁からベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」を受注
2021年02月12日 10時00分
 
NECとParity Quantum Computing社、量子コンピュータの開発に向けた協業を開始
2021年02月10日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>