2021年01月26日 13時00分

Source: Eisai

エーザイ、「世界で最も持続可能な100社」に5回目の選定

グローバル製薬企業で最上位にランク

東京, 2021年01月26日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、このたび、カナダの出版社コーポレートナイツ社が選定する「2021年 世界で最も持続可能な100社」(2021 Global 100 Most Sustainable Corporations in the World、以下「Global 100」)に選定されましたのでお知らせします。当社は、今回が5回目の選定となり、グローバル製薬企業で最上位となる16位にランクされました。また、日本企業からは当社を含む5社が選定され、当社は日本企業でも最上位のランクとなりました。

「Global 100」は、世界の主要企業約8,100社を対象に、ESG(環境、社会、ガバナンス)等に関する取り組みから持続可能性を評価し、世界の上位100社を選定するもので、世界経済フォーラムが開催されてきたダボスウィークに合わせて2005年から毎年発表されています。具体的な評価指標としては、健全な収益、財務状況、サプライヤー評価、従業員マネジメントや資源有効活用といった24項目が設定され、各企業の財務情報や統合報告書などの開示情報に基づいて評価されます。今回の選定に際して、当社はクリーン収益と投資*や従業員の安全性と安定雇用などの点について、特に高く評価されました。

当社は、患者様とそのご家族の喜怒哀楽を第一義に考え、そのベネフィット向上に貢献し、世界のヘルスケアの多様なニーズを充足することを企業理念と定めています。当社は、このヒューマン・ヘルスケア(hhc)理念の実現のために、ESGへの取り組みを強化し、非財務価値を高めることにより、持続的企業価値向上に努めてまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2021/news202102.html

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エーザイ、新規線維芽細胞増殖因子(FGF)受容体選択的チロシンキナーゼ阻害剤E7090が日本においてFGFR2融合遺伝子を有する切除不能な胆道がんを予定される効能・効果として厚生労働省より希少疾病用医薬品に指定
2021年02月22日 14時00分
 
エーザイ、ヒューマン・ヘルスケア理念実現に向けた取り組みについて「企業フィランソロピー大賞」を受賞
2021年02月22日 09時00分
 
エーザイとMSD、「レンビマ(R)」と「キイトルーダ(R)」の併用療法が進行性腎細胞がんの一次治療として、対照薬のスニチニブに対して、無増悪生存期間および全生存期間の有意な改善を示す
2021年02月15日 09時00分
 
バイオジェンとエーザイは、アデュカヌマブの生物製剤ライセンス申請に関するFDAによる審査期間の3カ月延長を発表
2021年02月01日 11時00分
 
エーザイ、パーキンソン病治療剤「エクフィナ(R)」を韓国において新発売
2021年02月01日 10時00分
 
エーザイ、米国臨床腫瘍学会消化器がんシンポジウムにおいてレンバチニブに関する演題を発表
2021年01月12日 11時00分
 
エーザイ、人事異動ならびに組織改編(2021年1月1日付)を発表
2020年12月24日 17時00分
 
エーザイ、川島工園に第5製剤棟が竣工 抗がん剤「レンビマ(R)」製剤の自社生産機能を強化
2020年12月18日 09時00分
 
エーザイ、進行性子宮内膜がんを対象としたレンビマとキイトルーダ併用療法の臨床第III相試験について発表
2020年12月17日 10時00分
 
アデュカヌマブ、日本において新薬承認を申請
2020年12月10日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>