2021年02月01日 10時00分

Source: Eisai

エーザイ、パーキンソン病治療剤「エクフィナ(R)」を韓国において新発売

東京, 2021年02月01日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、このたび、韓国子会社である エーザイ・コリア・インクが、パーキンソン病治療剤「エクフィナ(R)」(一般名:サフィナミドメシル酸塩)を新発売したことをお知らせします。本発売は、アジア地域(日本を除く)における最初の発売となります。

韓国におけるパーキンソン病の患者様数は約15万人と推計されています。パーキンソン病は、既存の薬剤では十分に症状のコントロールができない場合があることから、新たな治療選択肢が必要とされており、韓国においては希少難治性疾患に指定されているアンメット・メディカル・ニーズの高い疾病です。

韓国における本剤の承認は、運動症状の日内変動を有するパーキンソン病患者様を対象に海外(韓国を含む)で実施された、レボドパ併用下においてサフィナミドを1日1回24週間経口投与したときの有効性・安全性をプラセボと比較した二重盲検臨床第III相試験(SETTLE試験)等の成績に基づくものです1。

当社は、本剤について、Meiji Seikaファルマ株式会社(本社:東京都、以下 Meiji)とのライセンス契約に基づき、日本において、製造販売元として販売を行っています。アジアにおいては、独占的開発・販売権を有し、台湾で新薬承認申請中であり、その他の国においても申請に向けた準備を進めています。

現在、アジアにおけるパーキンソン病患者様数は約300万人2と推定され、高齢化に伴い、患者様数は年々増加すると予測されます。当社は、「エクフィナ」をパーキンソン病の新たな治療選択肢として韓国の患者様にお届けするとともに、アジアにおけるパーキンソン病患者様とそのご家族の多様なニーズの充足とベネフィット向上に、より一層貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2021/news202104.html

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エーザイ、米国神経学会年次総会にて神経領域の開発品・製品に関する最新データを発表
2021年04月14日 11時00分
 
エーザイ、リンパ系フィラリア症の制圧活動に関するアニメーション動画がInternational Society for Neglected Tropical Diseasesフェスティバルアワード2021で「アニメーション賞」を受賞
2021年04月12日 14時00分
 
エーザイ、抗がん剤レンバチニブについてペムブロリズマブとの併用療法における進行性腎細胞がんおよび進行性子宮内膜がんに係る2つの適応追加申請が欧州医薬品庁により受理
2021年03月30日 10時00分
 
エーザイとMSD、「レンビマ(R)」(レンバチニブ)について日本において「切除不能な胸腺癌」の効能効果の承認を取得
2021年03月23日 13時00分
 
エーザイ、川島工園において新注射剤棟/研究棟新築工事に着工
2021年03月22日 13時00分
 
エーザイ、「新・ダイバーシティ経営企業 100 選」を受賞
2021年03月22日 10時00分
 
DZNEとエーザイ、神経変性疾患の新規治療薬創出に向けた共同研究契約を締結
2021年03月17日 11時00分
 
エーザイ、DIAN-TUは優性遺伝アルツハイマー病に対する臨床試験において、抗MTBR(Microtubule binding region: 微小管結合領域)タウ抗体E2814を選定
2021年03月16日 09時00分
 
エーザイ、抗がん剤「レンビマ(R)」(レンバチニブ)が日本において「予定される効能又は効果」としての子宮体がんについて、厚生労働省より希少疾病用医薬品に指定
2021年03月12日 09時00分
 
エーザイ、第15回アルツハイマー・パーキンソン病学会(AD/PD2021)においてアルツハイマー病/認知症領域の開発品に関する最新データを発表
2021年03月05日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>