2021年02月02日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

東京医科歯科大学と富士通、新型コロナウイルス肺炎患者の重症化および看護師の業務量を予測するAIの共同研究を開始

東京, 2021年02月02日 - (JCN Newswire) - 国立大学法人 東京医科歯科大学(注1)(以下、東京医科歯科大学)と富士通株式会社(注2)(以下、富士通)は、新型コロナウイルス感染症の診療に関わる医療現場の負担を軽減するシステムを開発するため、新型コロナウイルス肺炎患者の診療情報に基づく重症化予測やそれに伴う看護業務量予測などを行うAIの有効性を検証する共同研究を2021年2月2日に開始します。

共同研究では、胸部X線写真を用いた新型コロナウイルス肺炎罹患状況を判定するAIや、血液検査や病歴などの診療情報に基づき重症化を予測するAI、重症化予測データをもとに新型コロナウイルス肺炎患者の治療に伴う看護師の業務量を数値化するAIを活用し、患者の病床移動スケジュールも含め幅広く有効性を検証します。

両者は本共同研究により、医療分野におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を進め、医師の診療や看護師の配置計画、病床管理など、幅広く医療現場を支援するとともに、コロナ禍における安定的かつ継続的な病院経営への貢献を目指します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/02/2.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, IT

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、モビリティデータの利活用を支援する統合基盤「Digital Twin Collector」を販売開始
2021年04月15日 10時00分
 
富士通、法人向けパソコン・タブレット・シンクライアント計9機種を新発売
2021年04月13日 10時30分
 
富士通、気象庁の「地域気象観測システム」などの中枢システムを刷新し、同庁のシステムを集約する仮想化基盤「気象庁情報システム基盤」上で統合運用開始
2021年04月13日 10時00分
 
富士通、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアとのパートナーシップにより、製造業のグローバル競争力強化とDX加速、およびSDGs達成を支援
2021年04月12日 11時00分
 
富士通、「GIGAスクール構想」に対応した漢検協会のデジタル学習コンテンツを国内初提供
2021年04月09日 10時00分
 
富士通とトレンドマイクロ、商用化に向けたローカル5G対応のサイバーセキュリティソリューションを実証
2021年04月08日 10時00分
 
富士通とパロアルトネットワークス、ゼロトラストネットワーク事業で協業
2021年04月07日 13時30分
 
富士通、学校現場を支援するクラウドサービス「Cloud瞬快 クラスルームアシスト」を提供開始
2021年04月07日 10時15分
 
富士通オーストラリア、経営コンサルティングファームのVersor社を買収
2021年04月06日 14時00分
 
富士通と米AutoGrid社、分散型エネルギーリソースの最大活用による再生可能エネルギー拡大と脱炭素社会の実現に向けて協業
2021年04月06日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>