2021年02月19日 14時00分

Source: Mitsubishi Motors

三菱自動車、タイの生産工場で大規模太陽光発電設備の稼働を開始


東京, 2021年02月19日 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、タイにおける生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)のレムチャバン工場で大規模な太陽光発電設備の稼働を開始しました。

現地の生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)は、現在、同県レムチャバンに生産工場とエンジン工場を有し、海外における当社最大の生産拠点です。今回導入した5メガワット(MW*1)の容量の太陽光発電設備に加え、今後増設予定の2MWの容量の太陽光発電設備により、生産活動に伴うCO2排出を年間で6,100トン以上削減できる見込みです。

三菱自動車は、昨年11月に発表した環境への取り組みの方向性と目標を定めた「新環境計画パッケージ」の中で「環境ターゲット2030*2」に基づき、事業活動によるCO2削減目標を2014年度比40%削減の達成に向けた取り組みを進めています。その一つとして、生産活動によるCO2排出低減のため、再生可能エネルギーの導入を促進しており、太陽光発電設備などの導入により、低炭素でクリーンな自動車生産を行う環境の整備を目指しています。

三菱自動車は今後も国内外の生産拠点で大規模な太陽光発電設備を導入する予定です。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2021/detail5508.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「[email protected]
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

Source: Mitsubishi Motors
セクター: 自動車

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱自、人事異動を発表
2021年02月26日 14時00分
 
三菱自動車、2021年1月単月生産・販売・輸出実績を発表
2021年02月25日 15時00分
 
三菱自動車、取締役人事について
2021年02月25日 12時30分
 
三菱自動車、『アウトランダーPHEV』が2020年欧州販売No.1のSUVタイプのプラグインハイブリッドに
2021年02月18日 16時00分
 
三菱自動車、新型クロスオーバーSUV『アウトランダー』を本年4月より北米で発売
2021年02月17日 08時00分
 
三菱自動車、インドネシアで『パジェロスポーツ』をモデルチェンジ
2021年02月16日 16時00分
 
三菱自動車、100の自治体と災害時協力協定を締結
2021年02月15日 14時00分
 
三菱自動車、新型『アウトランダー』の北米仕様車を出荷開始
2021年02月09日 10時00分
 
三菱自動車、2020年度第3四半期決算を発表
2021年02月02日 17時00分
 
三菱自動車、2020年12月単月・2020年暦年 生産・販売・輸出実績を発表
2021年01月28日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>