2021年02月22日 09時00分

Source: Eisai

エーザイ、ヒューマン・ヘルスケア理念実現に向けた取り組みについて「企業フィランソロピー大賞」を受賞


東京, 2021年02月22日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、このたび、公益社団法人日本フィランソロピー協会より、第18回(2020 年度)「企業フィランソロピー大賞」を受賞しましたのでお知らせします。贈呈式は、2021年2月19日(金)に学士会館(東京都千代田区)にて行われました。

本賞は、社会の課題解決のために自社の経営資源(人材・ノウハウ・技術・情報など)を有機的・持続的に活用した社会貢献活動を顕彰し、広く社会に発信することにより公正で温もりと活力ある社会を次世代に伝えることを目的として、2003年に創設されました。

今回の受賞は、当社の企業理念である「ヒューマン・ヘルスケア(hhc)」とその実現に向けた活動が、「人々が幸せに暮らせる社会の実現に向け、従業員が真価を発揮する企業風土と覚悟ある活動」であると評価されたものです。

当社は、企業理念として「患者様とそのご家族の喜怒哀楽を第一義に考え、そのベネフィット向上に貢献する」ことを掲げており、この理念を一言に集約したものを「ヒューマン・ヘルスケア(hhc)理念」と呼んでいます。2005 年には、株主の皆様のご賛同のもと本理念を定款の条文として明記しました。このhhc 理念を具現化する取り組みとして、社外取締役を含むエーザイグループすべての役員および従業員が業務時間の 1%を患者様と共に過ごしその喜怒哀楽を知る「共同化」を行うことを推奨しています。また、開発途上国、新興国に向けては、顧みられない熱帯病(NTDs)のひとつである「リンパ系フィラリア症」治療薬を WHO を通じて蔓延国に継続的に無償提供しているほか、当社の革新的新薬について患者様の所得水準や保険加入状況に応じて複数の段階的な価格を設定する「ティアードプライシング(所得別段階的価格設定)」を導入するなど、医薬品アクセス向上に向けた取り組みを推進しています。

当社は、hhc 理念のもと、世界の患者様とそのご家族のベネフィット向上に、より一層貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2021/pdf/news202107pdf.pdf

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エーザイ、自社創製の新規不眠症治療薬「DAYVIGO(R)」(一般名:レンボレキサント)について香港において新薬承認を取得
2021年03月02日 09時00分
 
エーザイ、新規線維芽細胞増殖因子(FGF)受容体選択的チロシンキナーゼ阻害剤E7090が日本においてFGFR2融合遺伝子を有する切除不能な胆道がんを予定される効能・効果として厚生労働省より希少疾病用医薬品に指定
2021年02月22日 14時00分
 
エーザイとMSD、「レンビマ(R)」と「キイトルーダ(R)」の併用療法が進行性腎細胞がんの一次治療として、対照薬のスニチニブに対して、無増悪生存期間および全生存期間の有意な改善を示す
2021年02月15日 09時00分
 
バイオジェンとエーザイは、アデュカヌマブの生物製剤ライセンス申請に関するFDAによる審査期間の3カ月延長を発表
2021年02月01日 11時00分
 
エーザイ、パーキンソン病治療剤「エクフィナ(R)」を韓国において新発売
2021年02月01日 10時00分
 
エーザイ、「世界で最も持続可能な100社」に5回目の選定
2021年01月26日 13時00分
 
エーザイ、米国臨床腫瘍学会消化器がんシンポジウムにおいてレンバチニブに関する演題を発表
2021年01月12日 11時00分
 
エーザイ、人事異動ならびに組織改編(2021年1月1日付)を発表
2020年12月24日 17時00分
 
エーザイ、川島工園に第5製剤棟が竣工 抗がん剤「レンビマ(R)」製剤の自社生産機能を強化
2020年12月18日 09時00分
 
エーザイ、進行性子宮内膜がんを対象としたレンビマとキイトルーダ併用療法の臨床第III相試験について発表
2020年12月17日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>