2021年02月24日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、病院やクリニックなどのリハビリテーション現場を支援する、AIを活用した関節可動域自動測定ソリューション「HOPE ROMREC」を販売開始

肩と肘の関節可動域の目視測定や測定値のシステム入力作業の自動化を実現

東京, 2021年02月24日 - (JCN Newswire) - 当社は、リハビリテーションおよび整形外科に関わる病院やクリニックなどの医療施設を支援するため、AIを活用し患者のリハビリテーションの動画から肩と肘の関節可動域(注1)を自動測定する新たなソリューション「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE ROMREC(ホープ ロムレック)」(以下 「HOPE ROMREC」)を2021年2月24日から販売開始します。

「HOPE ROMREC」は、複数のAI画像認識モデルで構成する当社開発の画像分析AIエンジンにより、タブレット端末(注2)を用いて撮影したリハビリテーション動画から3次元骨格を推定することで、患者の肩と肘の角度を自動測定および記録し、可視化するソリューションです。これにより、理学療法士(Physical Therapist、以下 PT)や作業療法士(Occupational Therapist、以下 OT)がこれまで実施していた、ゴニオメーター(注3)を用いて患者の関節の曲がり具合を目視で測定する作業を大幅に効率化でき、理学療法および作業療法の効果の評価や障がい度合いの判定を支援します。

当社は、今後、「HOPE ROMREC」を継続的に機能強化し、関節可動域の測定部位を増やしていくほか、遠隔でのリハビリテーションを実現する仕組みとして、患者が自宅で撮影したリハビリテーションの動画をかかりつけの病院やクリニックへ送付するだけで関節可動域を自動測定する機能などを搭載していく予定です。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/02/24.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, IT

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、経済産業省が定める「DX認定取得事業者」に選定
2021年03月02日 14時00分
 
順天堂高齢者医療センターと富士通、コロナ禍における高齢者の運動機能や認知機能の低下を防ぐため遠隔デイサービスを実現するシステムの共同研究を開始
2021年03月02日 12時00分
 
富士通、採用計画を決定
2021年03月01日 11時00分
 
富士通研究所、様々なタスクにおける人の集中度を定量的に推定可能な汎用AIモデルを開発
2021年03月01日 10時00分
 
富士通など、組合員のサービス向上と業務効率化の実現に向け東海地区の生活協同組合の加入業務をデジタル化
2021年03月01日 10時00分
 
富士通研究所、脳腫瘍などの放射線治療計画を短時間で生成する技術を開発
2021年02月26日 10時50分
 
津田塾大学・日本女子大学・富士通など、「女子大学生ICT駆動ソーシャルイノベーションコンソーシアム」を設立
2021年02月22日 11時00分
 
富士通など、緊急災害時に8K映像を5Gライヴ配信し救助や避難誘導などをより正確に、迅速に行うための技術実証実験を実施
2021年02月19日 15時00分
 
いすゞ・トランストロン・富士通、「商用車コネクテッド情報プラットフォーム」構築に着手
2021年02月18日 16時00分
 
富士通研究所、1つの教師データをもとに映像中の要素作業を自動検出する技術を開発
2021年02月18日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>