2021年03月01日 13時30分

Source: Toyota

TOYOTA、「飛沫感染対策セパレータ」を発売
ハイエースに設定。お客様と運転手が安心して移動できる環境をサポート

豊田, 2021年03月01日 - (JCN Newswire) - TOYOTAは、送迎車としてニーズの高いハイエース*1を対象とした「飛沫感染対策セパレータ」を、全国のトヨタ車両販売店、レンタリース店を通じて、3月1日(月)より、販売店装着の純正用品として発売*2しました。ハイエースのワゴン、コミューターとともにメーカー完成特装車(ウェルキャブならびにTECS)において、フロントシートとリヤシートの間に装着。病院や福祉施設、観光での送迎など乗客や運転手の飛沫感染リスクを低減し*3、安心して乗車いただくことを狙いとしたものです。

トヨタ自動車は、コロナ禍の中、「もっといいクルマづくり」を支える製造現場のモノづくりの力やTPS(トヨタ生産方式)を活かし、マスクやフェイスシールドの生産、医療用防護ガウンの生産性向上支援、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」の市販化などを推進。また、飛沫循環抑制車両の提供にも取り組んできました。

販売する「飛沫感染対策セパレータ」は、飛沫循環抑制車両提供の活動を知った多くのお客様より、トヨタ車両販売店を通じて、送迎で使用するハイエースにも装着可能なセパレータがすぐ欲しい、との声をいただき、改めて皆様のお役に立てないかと検討を進めてきたものです。いち早く商品化しお客様にお届けするため「ルームセパレータカーテン」*4をベースとした試作品を医療や福祉の現場に持ち込み、使い勝手など現場のニーズを聞き徹底して「カイゼン」を重ねました。洗浄などを考え脱着可能とし、車内の状況を把握しやすいように透明なビニール素材を全面に採用。また、前後席のどちらからでもファスナーにてセパレータを開閉可能とするなど、誰もが使いやすく、お求めやすい純正用品として誕生しました。

これらの取り組みは、人々が幸せになるモノやサービスを提供すること、すなわち「幸せを量産する」取り組み*5の一つです。トヨタ自動車は、引き続き世の中に広く「安全・安心」をお届けするため、モノづくりで社会に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/34755085.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


トヨタ、人とクルマが仲間のように共に走る高度運転支援技術の新機能「Advanced Drive」を搭載したLS、MIRAIを発売
2021年04月08日 13時30分
 
株式会社e-Mobility Powerへの出資について
2021年04月05日 15時00分
 
TOYOTA GAZOO Racing、新型GR 86を世界初披露
2021年04月05日 13時30分
 
TOYOTA、カローラ ツーリングにアウトドアテイストな特別仕様車を限定発売
2021年04月02日 13時30分
 
TOYOTA、パッソの安全装備を強化
2021年04月01日 13時30分
 
世界初、ワクチン保冷輸送車のWHO医療機材品質認証を取得
2021年03月31日 14時00分
 
熊本赤十字病院とトヨタ、世界初の燃料電池医療車の利活用実証を開始
2021年03月31日 13時30分
 
トヨタ、2021年2月のグローバル販売・生産が6ヶ月連続で前年超え
2021年03月30日 13時30分
 
TOYOTA、ダイナ2t積系・ディーゼルエンジンのラインアップを見直し
2021年03月25日 13時30分
 
いすゞ・日野・トヨタ、商用事業でCASE対応加速
2021年03月24日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>