2021年04月27日 15時00分

Source: Toyota

イオングローバルSCMとトヨタ、物流改善・カーボンニュートラルの取り組みの検討開始
新たな協業で物流業界が抱える課題解決に取り組み

豊田, 2021年04月27日 - (JCN Newswire) - イオン株式会社の物流機能子会社であるイオングローバルSCM株式会社(以下、イオングローバルSCM、本社千葉県千葉市、代表取締役社長 野澤知広)とトヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ、本社愛知県豊田市、代表取締役社長 豊田章男)は、日本が抱える大きな社会課題の一つである物流領域において、新たな取り組みについて検討を進めていくことで合意しました。

イオングローバルSCMが培った小売業の物流ノウハウと、トヨタのTPS(Toyota Production System トヨタ生産方式)ノウハウ、コネクティッド・電動化技術を組み合わせることで、物流業界が抱える人手不足、カーボンニュートラルといった共通課題を解決するとともに、サプライチェーン全体を効率化する仕組みや、コネクティッドシステムを構築することで人々の暮らしを支え、物流の未来を創造することに取り組んでまいります。

両社はこの取り組みを、トヨタがいすゞ自動車株式会社、日野自動車株式会社と公表したCASE対応を加速させるプロジェクト(Commercial Japan Partnership)としても位置付け、共に豊かな社会づくりに向けた協業を進めてまいります。

今後、協業内容を深めるとともに志を同じくする新たなパートナーとの連携についてもオープンに検討していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/32105152.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ENEOSとトヨタ、Woven Cityにおける水素エネルギー利活用の具体的な検討を開始
2021年05月10日 13時30分
 
TOYOTA、JPN TAXIを一部改良し、クリーンな移動空間を提供
2021年05月10日 13時30分
 
TOYOTA、ヤリスの安全・安心装備を充実
2021年05月10日 13時30分
 
トヨタ、2020年度のグローバル販売・生産共に9割台を確保
2021年04月28日 13時30分
 
TOYOTA、アルファードならびにヴェルファイアを一部改良
2021年04月28日 13時30分
 
スズキ・SUBARU・ダイハツ・トヨタ・マツダ、次世代車載通信機の技術仕様の共同開発に合意
2021年04月27日 13時30分
 
トヨタ、モータースポーツを通じた「水素エンジン」技術開発に挑戦
2021年04月22日 13時30分
 
トヨタ、電動車のフルラインアップ化の一環として新EVシリーズ「TOYOTA bZ」を発表
2021年04月19日 10時30分
 
トヨタ、人とクルマが仲間のように共に走る高度運転支援技術の新機能「Advanced Drive」を搭載したLS、MIRAIを発売
2021年04月08日 13時30分
 
株式会社e-Mobility Powerへの出資について
2021年04月05日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>