2017年03月20日 14時40分

Source: Yidan Prize Foundation

世界最大級の教育賞、Yidan Prizeの候補者ノミネーション締め切りまであと2週間


香港, 2017年03月20日 - (JCN Newswire) - 世界最大級の国際教育賞、Yidan Prizeのノミネーション提出締め切りまで残りわずかとなりました。

Yidan Prizeは、教育研究および教育開発分野のイノベータに贈られる新しい国際賞です。テンセントの主な設立者の一人、Charles Chen Yidan(陳一丹)によって2016年に創設されたYidan Prizeは、イノベーティブな方法で教育を変革した個人を表彰する賞です。

Yidan Prizeの各受賞者には、3000万香港ドル(380万米ドル)が贈られます。その内訳は現金1500万香港ドルと、受賞者の始めた特定の研究またはプロジェクトの資金1500万香港ドルの投資となります。

受賞者の選考にあたって、独立した審査員団が有効なノミネーションを選抜し、各部門の候補者を選出します。

「Yidan Prizeの目的は、世界が提供すべき最高のものにスポットライトを当てることで、個人が行った画期的な仕事が、皆の利益のために使用されるようにすることです。私たちはイノベーティブで持続可能な変革をもたらす、未来を見据えたアイデアを募集しています。」と、Charles Chen Yidanは述べました。

「大胆で聡明な候補者をノミネートする時間はまだ残されていますが、間もなく締め切りとなります。たいへん多くの素晴らしい候補者が集まることでしょう。」と、Yidan Prize Foundationは述べました。

Yidan Prizeの応募締め切りは2017年3月31日です。受賞者2名の発表は2017年9月の予定で、2017年12月には授賞式とYidan Prize Summitが開催されます。これらのイベントは香港で開催されます。

2016年9月のノミネーション手続き開始以来、Chenとそのチームは教育者の声を聞き、賞に関するビジョンを共有するため、ヨーロッパ、アジアおよび北米でツアーを続けてきました。

ノミネート者様へ:

ノミネーションの対象には全世界の個人の他に、学校、国際機関、民間企業などの機関も選ぶことができます。セルフノミネーションは例外的な場合のみに許されます。

ノミネーション提出先は https://nomination.yidanprize.org/ です。

Charles Chen Yidan(陳一丹)について

Chenは1998年にテンセントを共同設立し、現在も同社の名誉顧問です。2007年にはパートナーと、中国語インターネット業界初の慈善財団のTencent Charity Foundationを設立し、現在も名誉会長です。2009年以来、Chenは武漢大学に投資し、華中初の非営利の民間大学を設立しました。

昨年Chenは第13回中国慈善家リスト・ランキングで首位となりました。また、年間最優秀中国慈善家にも選ばれ、先日はハーバード大学の中国慈善活動プロジェクトにも取り上げられました。

Chenは、深セン大学で応用化学の学士号を、南京大学で経済法の博士号を取得しました。2014年にはスタンフォード・ロー・スクールで客員研究員を務めました。

Yidan Prizeの詳細やノミネーションは www.yidanprize.org/en/ をご覧ください。

お問い合わせ情報
Yidan Prize Foundation
Lawrence Lui
電話: +852 2155 1582
メール: lawrence@yidanprize.org




Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>