2017年05月19日 13時30分

Source: Sony

ソニー、35mmフルサイズ対応Eマウントレンズ新商品の広角ズームレンズ2本を発売

開放F値2.8の大口径ズームレンズのラインアップを拡充するGマスター(TM)『FE 16-35mm F2.8 GM』およびEマウント最広角の12mmをカバーする超広角ズームレンズ Gレンズ(TM)『FE 12-24mm F4 G』

TOKYO, May, 19 2017 - (JCN Newswire) - ソニーは、35mmフルサイズ対応α(TM)[Eマウント]レンズの新商品として、大口径広角ズームレンズのGマスター『FE 16-35mm F2.8 GM』と、超広角ズームレンズのGレンズ『FE 12-24mm F4 G』を発売します。風景や建築、スナップの撮影など多彩なシーンで活躍する2本を加えることで、広角域のラインアップをさらに拡充します。これにより35mmフルサイズ対応Eマウントレンズとしては、広角12mmから望遠800mm(テレコンバーター使用時)までをカバーします。両レンズは静止画・動画撮影に対応し、小型軽量のミラーレス一眼カメラαと組みあわせて、機動力を求める撮影にもお勧めです。

型名: 発売日/メーカー希望小売価格
『FE 16-35mm F2.8 GM』 SEL1635GM: 8月予定※/295,000円+税
『FE 12-24mm F4 G』 SEL1224G: 7月予定※/220,000円+税

※ 予約販売開始日は未定です。決定次第、ソニー商品情報サイトにてご案内予定です。
※『FE 16-35mm F2.8 GM』、『FE 12-24mm F4 G』で撮影した作例は、Sony Photo Galleryをご覧ください。

α[Eマウント]レンズ(35mmフルサイズ対応)

『FE 16-35mm F2.8 GM』(SEL1635GM)の主な特長
画面中心から周辺まで高解像かつダイナミックに捉える開放F値2.8の大口径広角ズームレンズ

プレミアムレンズシリーズであるGマスターに広角ズームレンズ『FE 16-35mm F2.8 GM』を加えることで、標準ズーム『FE 24-70mm F2.8 GM』と望遠ズーム『FE 70-200mm F2.8 GM OSS』と共に、開放F値2.8の主要な大口径ズームレンズが揃います。本レンズは、広い画角とF2.8の大口径を生かし、幅広い撮影領域でプロフェッショナルにも満足いただける描写が可能です。さらに、クラストップレベルの軽量設計により機動力も高く、風景や建物などのダイナミックな光景からスナップやブライダル、そしてスポーツ撮影まで幅広いシーンで活躍します。また、高い近接撮影性能を持ち、特にポートレート撮影では広角の背景描写となめらかなぼけ味がより被写体を引き立たせます。

Gマスターとして画面中心から周辺の隅々まで高い解像性能を実現すると共に、美しいぼけ描写が特長です。2枚の超高度非球面XA(extreme aspherical)レンズを採用し、そのうち最前面に配置した1枚は製造難易度が高く過去最大の径となる新開発のXAレンズです。計5枚の非球面レンズと色収差を低減するED(特殊低分散)ガラス2枚により、諸収差を補正してシャープに描写します。また、フレアやゴーストを抑制するソニー独自のナノARコーティングを採用した最新の光学設計により、階調豊かでクリアな画像を実現します。

- 像面変動を抑え、近接撮影での解像力を向上するフローティング(近距離収差補正)機構を採用
- 11枚羽根による円形絞りが、美しくやわらかなぼけを表現
- 高精度でシビアなピント合わせに対応し、さらに静粛性も兼ね備えたDDSSM(ダイレクトドライブSSM)の採用により、静止画・動画を問わず高解像での撮影が可能
- 汚れが付きにくく、また付着しても落としやすいフッ素コートをレンズ最前面に採用
- 屋外でも安心して撮影できる、防塵防滴※1に配慮した設計

※1 防塵防滴に配慮した構造となっていますが、ホコリや水滴の侵入を完全に防ぐものではありません。

『FE 12-24mm F4 G』(SEL1224G)の主な特長
高画質と小型軽量デザインを両立し、Eマウント最広角の12mmをカバーする超広角ズームレンズ

焦点距離はEマウント最広角となる12mmから24mmをカバーし、画面の隅々までを高解像に捉え、迫力ある空間表現が特長の超広角ズームレンズです。本レンズは、風景や建物を遠近感のある印象的な映像で表現し、プロフェッショナルやハイアマチュアの高い要望にも応えます。また、小型軽量デザインによりクラストップレベルの質量約565gを達成しており、小型軽量のミラーレス一眼カメラαと共に機動力の高いシステムを提供します。

超広角ながら、非球面レンズ4枚を含む新規光学設計によりGレンズならではの高い描写性能を発揮します。また、EDガラス3枚とスーパーEDガラス1枚で色収差を低減し、ソニー独自のナノARコーティングにより広角で発生しがちなフレアやゴーストを抑制して、画面周辺まで高解像を実現します。ズーム全域で開放F値は4で、静止画だけでなく動画撮影にも最適です。

- 小型軽量設計による高い機動力 最大径87mm×長さ117.4mm、約565g
- 高精度で静粛性も兼ね備えたDDSSMを採用
- カスタマイズ可能なフォーカスホールドボタンを搭載
- 屋外でも安心して撮影できる、防塵防滴※1に配慮した設計

主な仕様や詳細に関しては、商品サイトをご覧ください。
- 『FE 16-35mm F2.8 GM』 http://www.sony.jp/ichigan/products/SEL1635GM/
- 『FE 12-24mm F4 G』 http://www.sony.jp/ichigan/products/SEL1224G/

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201705/17-0519/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

Source: Sony


Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

Latest Release


More Latest Release >>