2017年06月19日 10時50分

Source: Hitachi

通天閣と日立、大阪市の通天閣LED・ネオン広告の消灯を通じて「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に参加


TOKYO, Jun, 19 2017 - (JCN Newswire) - 通天閣観光株式会社(代表取締役社長:西上 雅章/以下、通天閣)と、株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、環境省が実施する「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」の趣旨に賛同し、大阪市の通天閣LED・ネオン広告(以下、通天閣ネオン)の消灯を通じて同キャンペーンに参加します。

環境省は、2003年より、地球温暖化の防止のため、ライトアップ施設や家庭の消灯を呼び掛ける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施しており、今年は6月21日(水)から7月7日(金)までを啓発期間としています。また、6月21日(夏至)と、7月7日(クールアース・デー)両日の20時から22時までの2時間を特別実施日として、全国のライトアップ施設や各家庭の照明の一斉消灯を呼び掛けています。

通天閣と日立は、市民の環境配慮意識の向上とCO2排出削減に貢献すべく、環境省による呼び掛けが始まった2003年から、大阪で最も親しまれているランドマークの一つである通天閣ネオンの消灯を通じて本キャンペーンに参加しています。今年は、6月21日と7月7日の2日間*1、ネオン全面および照明設備の消灯を行います。本消灯により、総電力量約231kWh*2を削減する見込みです。

なお、日立グループでは、6月21日と7月7日の2日間に、通天閣ネオンをはじめとしたネオンや看板照明、各製造拠点の構内外灯やオフィス照明などの消灯を実施します。また、「日立グループ夏季節電運動」として5月から9月にかけて継続的に節電施策やライトダウンに取り組みます。

通天閣ネオンの消灯日時

1.6月21日(水) 20:00~終日*3
2.7月7日(金) 終日

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2017/06/0619.html

*1 電力需給の逼迫など、状況に応じて、本消灯スケジュールの変更を行う可能性があります。
*2 電力削減量231kWhは、CO2削減量約118kg-CO2に相当。CO2排出係数は、0.509kg-CO2/kWh(「電気事業者別排出係数(特定排出者の温室効果ガス排出量算定用)-平成27年度実績-」の関西電力(株)実排出係数)を使用。
*3 通天閣ネオンは、日没時に点灯し、20:00から翌日夕方の点灯時間前まで消灯した状態となります。
ただし、時計部分につきましては、両日とも21時に点灯致します。

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

お問い合わせ先
通天閣観光株式会社 [担当:高井]
電話: 06-6641-9555 (直通)

株式会社日立製作所 関西支社 総務部総務宣伝グループ [担当:中西]
電話: 050-3154-3774 (直通)

株式会社日立製作所 CSR・環境戦略本部 企画部 [担当:長岡]
電話: 050-3198-2929 (直通)

Source: Hitachi
セクター: 水, ITエンタープライズ, 自動車全般, エネルギー, 航空宇宙・防衛

Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>