2017年11月14日 11時00分

Source: NEC Corporation

NEC、ワシントンD.C.に渉外拠点を新設

グローバル事業拡大に向け、海外での渉外機能を強化

東京, 2017年11月14日 - (JCN Newswire) - NECは、社会ソリューション事業のグローバル化を加速するため、本年12月初旬にNECコーポレーション・オブ・アメリカ社のワシントンD.C.事務所内に渉外拠点を新設します。新拠点の代表には、2013年から約5年間、同社社長兼CEOを務め、現在、同社取締役会長の高橋 信介が就任します。

NECは、セーフティ事業をグローバル成長戦略の柱に位置付けており、2016年に世界No.1(注)の認証精度を有する顔認証や指紋認証など生体認証システムの営業活動やプロジェクト支援を行うワシントンD.C.事務所を開設し、米政府機関向けの事業を拡大しています。

こうした中、国境管理やテロ対策、サイバーセキュリティなど米政権のセーフティ関連分野における政策動向のタイムリーな情報収集、セーフティ事業の拡大を目指した政策提言力の向上、通商政策に関する動向把握、世界銀行や米州開発銀行、国際連合など国際機関との関係強化などを目的として、新たな渉外拠点を新設します。

NECはこれまでベルギー・ブラッセルに海外の渉外拠点を有しており、インテリジェンスが集積するワシントンD.Cへの新拠点の新設により海外での渉外機能を強化し、グローバルでの事業拡大を目指します。

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://jpn.nec.com/press/201711/20171114_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

Source: NEC Corporation
セクター: ITエンタープライズ

Copyright ©2017 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>