2018年01月29日 09時00分

Source: ZWSOFT

速報:ZW3D 2018はCAD/CAMエキスパートとしてお客様により良いユーザ体験をもたらす


広州, 2018年01月29日 - (JCN Newswire) - 製造業における世界的なCAD/CAMソリューションサプライヤーであるZW3Dは本日、ZW3D 2018をリリースしました。ZW3D 2018は、CAD/CAMエキスパートとして位置づけられており、設計から製造までのパフォーマンスと使いやすさが向上しています。

■レイヤマネージャとパート属性機能の強化
製品設計がますます複雑化することにより、レイヤ機能を利用して、形状やコンポーネントを分類し、直観的にパート属性フォームで情報を素早く設定することが設計プロセスにおいては重要になります。

ZW3D 2018では、レイヤマネージャが使いやすくなっています。新しい“カテゴリ”属性が追加され、レイヤをグループ化して、マネージャとグラフィックス領域内のエンティティー間のインタラクティブを増やすことができます。

アップグレードされたパート属性フォームには、デザイナーがExcelで編集したり、Excelファイルで共有したりできるため、標準属性やユーザ属性など、すべての部品属性をより簡単に管理できるようにします。

■PMIの改善
面取り、穴、境界ツールなど、より多くのツールが3D注記機能に追加されています。線形寸法の注記はよりフレキシブルになり、自動/水平/垂直の注記タイプもサポートします。設計者はより簡単に3Dモデルに豊富な3D寸法や注記情報を作成できます。

■MISUMIライブラリーの統合
プレス金型とプラスチック金型の標準コンポーネント用の3DCADライブラリーMISUMI Mold Ex-Pressに10,000種類以上のパートモデルを備えているため、ユーザーは迅速に必要な部品を選択でき、金型設計時間を50%短縮できます。

■CAM
5軸のマップ、側面及び面沿いオペレーションなど5軸機能が拡張されています。特にある5軸の荒加工に対して、ユーザは一回で複数レイヤのツールパスを生成できるため、便利になります。また、フラット仕上げオペレーションに加工座標がユーザーより指定することがサポートされ、プログラミングがさらに簡単になります。

ZW3DのCTOで開発部門を統括するJoh Li氏は、次のように述べています。「ZW3D 2018は、お客様のアイディアを実現し、より簡単に設計、製造するための完全なソリューションです。われわれは、合理化されたワークフローを提供してエラーを減らすことに取り組んでいます。これにより、顧客はより低コストで高品質な製品をより速く生産できます。」

ZW3D 2018: https://www.zwsoft.com/jp/zw3d/ZW3D_Overview/

ZW3D CAD/CAMについて

ZW3Dは製品開発の全プロセスのために設計された統合的なCAD/CAMソリューションです。独自のカーネルを備えて、ソリッドとサーフェスのハイブリッド・モデリング、ノン・ソリッド・モールド・パーチング、2軸から5軸までのスマートなCNC加工技術を提供しています。コスト削減、最適化された設計ワークフロー、効率改善など、お客様に数え切れないメリットをもたらします。

お問い合わせ
ZWSOFT
温 文瑜(オン ブンユ) +86-20-38289780
[email protected]
http://www.zwsoft.com


セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ, 自動車

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>

Multimedia


レイヤマネージャとパット属性機能の強化
 
レイヤマネージャとパット属性機能の強化
 
PMIの改善
 
MISUMIライブラリーの統合
 
CAM