2018年02月02日 13時30分

Source: Showa Denko

昭和電工、リチウムイオン電池用導電助剤VGCF(R)が「低CO2川崎ブランド'17」で大賞


東京, 2018年02月02日 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)は、川崎事業所で製造しているリチウムイオン電池(LIB)用導電助剤「VGCF(R)」がこのたび川崎市の「低CO2川崎ブランド'17」の製品・技術部門で大賞に選定されました。2月1日(木)・2日(金)に開催される「川崎国際環境技術展2018」において認定結果発表会が行われ、認定証が授与されました。

当社グループは、これからも環境への負荷を低減する製品の開発に努め、事業を通じて社会に貢献してまいります。

「低CO2川崎ブランド」とは

川崎市の「環境と経済の好循環による持続可能な低炭素社会の構築」を目指した取り組みの一環として2009年度から開始されたものです。ライフサイクル全体でCO2削減に貢献している川崎発の製品・技術を評価し、広く発信することを通して地球温暖化防止を図り、CO2削減効果の考え方を普及させることで、川崎市全体の環境意識・スキルの向上を目指しています。

当社では過去、2011年度の「低CO2川崎パイロットブランド'11」で液化アンモニア「ECOANN(R)」、余剰麻酔ガス処理システム「アネスクリーン(R)」の2製品が選出されました。

なお、大賞の選定は2012年度から始まり、認定基準*に加え、「川崎の特徴・強みを活かした低炭素社会の構築への貢献度」を総合的に評価し、特に優れたものが選ばれています。

*(1) ライフサイクルでの環境効率の向上、(2) 独自性・先進性、(3) 市民、社会全体の取り組みの推進、(4) 国際的な貢献

選定された技術・製品

気相法炭素繊維VGCF(R)
CVD(化学気相成長)法で合成された高結晶性、高純度の電池用カーボンナノチューブで、LIBの長寿命、高容量化を目的として正極・負極に添加します。細長い形状により電極物質間に良好な導電パスを形成することで、寿命特性とレート特性(充放電あたりの電流量)を向上させます。電池の交換頻度を低減できるため、本製品を使用しない電池と比較し、ライフサイクル全体でCO2の排出量を約45%削減します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sdk.co.jp/news/2018/16051.html

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

本件に関するお問合せ先:
昭和電工株式会社
広報室
03-5470-3235

Source: Showa Denko
セクター: 化学品

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>