2018年06月13日 11時00分

Source: Fujitsu Ltd

東京大学先端科学技術研究センター、富士通、興和がIT創薬により、従来のがん治療薬に抵抗性を示すがんにも効果が期待できる新規低分子化合物の創出に成功


東京, 2018年06月13日 - (JCN Newswire) - 東京大学 先端科学技術研究センター(所在地:東京都目黒区、所長:神崎 亮平、以下、東大先端研)と、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 達也、以下、富士通)、興和株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:三輪 芳弘、以下、興和)は、コンピュータ上で仮想的に設計・評価するIT創薬により、がんの原因となるタンパク質(以下、標的タンパク質)の阻害活性(注1)を持ち、従来のがん治療薬に抵抗性を示すがんにも効果が期待できる新規低分子化合物を創出することに成功しました。

今後、興和は本研究成果を創薬に結びつけるべく、今回の研究で得た低分子化合物を改良していく予定です。

研究概要・役割分担
IT創薬の共同研究は、2011年6月に東大先端研と富士通で開始し、同年7月に興和が参画し、複数の創薬標的に関する研究を行ってきました。

本共同研究は、従来のがん治療薬に抵抗性を示すがんに対し、その原因となるタンパク質を創薬標的として選択し2015年12月に開始しました。富士通はIT創薬により阻害活性があると予想される低分子化合物を設計し、興和は低分子化合物の合成と実験による阻害活性測定を行いました。東大先端研は創薬標的に関する医学的見地に基づく情報を提供するという役割を担いました。

またこの共同研究期間中、富士通と株式会社富士通研究所(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:佐々木 繁、以下、富士通研究所)は、IT創薬技術の改良を重ね、精度と性能を向上してきました。

共同研究の成果
本共同研究で、富士通は独自の技術を結集させ、標的タンパク質の働きを抑える効果があると期待される化学構造を興和に提供しました。具体的には、医薬候補化合物設計技術(注2)と今まで培ってきた創薬の知見を取り入れ、合成可能な低分子化合物の構造をコンピュータ上で設計し、高精度活性予測技術(注3)を改良したM2BAR法(注4)を用いて、低分子化合物と標的タンパク質の結合強度を計算して絞り込みました。これに量子力学に基づく高精度な立体配座解析(注5)の結果も考慮に入れました。

興和は、富士通が設計した低分子化合物を合成し、その中に目標とする阻害活性を示す化合物を確認しました。また、興和はこの化合物と化学構造が似ている低分子化合物を複数合成し、一連の化合物にも目標とする阻害活性を示すことを確認しました。興和は現在、これら化合物のX線結晶構造解析による複合体構造を検証中であり、今後、本研究成果を創薬に結びつけるべく今回の研究で得た低分子化合物を改良していく予定です。

東大先端研、富士通、興和は、本共同研究を通じて、IT創薬により標的タンパク質への阻害活性を持ち、従来のがん治療薬に抵抗性を示すがんにも効果が期待できる新規低分子化合物を創出することに成功しました。

詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/06/13.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>