2018年07月13日 10時00分

Source: NEC Corporation

NECとdotData、AIを活用したデータ分析技術によりSMBCグループのデータ分析業務の高度化・効率化を実現

「dotData」を本格導入しAI適用業務を拡大

東京, 2018年07月13日 - (JCN Newswire) - NECとdotData, Inc.(注1)は、株式会社三井住友フィナンシャルグループ(注2、以下 グループを総称してSMBCグループ)にAIを活用した分析ソフトウェア「dotData」(注3)を提供しました。SMBCグループは、本日から本格稼働を開始し、グループ各社のデータ分析業務の高度化を強化します。

「dotData」は、企業内に蓄積されるビッグデータを活用した課題解決を加速するために、データ分析プロセスをAIによって自動化するソフトウェアです。データ分析ニーズの高まりと、データサイエンティストの不足という社会課題に対して、「dotData」を用いて、より良い社会の実現に貢献していきます。日本国内ではNECがdotData, Inc.から本ソフトウェアの独占販売権を取得し、2018年7月から提供しています。

これまで株式会社三井住友銀行(注4、以下 三井住友銀行)とNECは2016年からAIを積極的に銀行業務内に取り入れ、分析プロセス自体の自動化を通じて、お客さま向けのサービスの提案などを行ってきました。

今回、「dotData」製品版の提供開始を機に、これらの経験やノウハウを、三井住友銀行を含めてSMBCグループ会社5社へ適用範囲を広げていきます。具体的には、クレジットカードや住宅ローンなどの各種金融商品におけるマーケティング等の業務領域の課題に対して「dotData」を活用します。これにより、熟練のデータサイエンティストでなくても、根拠を示したうえで、さまざまな業務において短期間かつ高精度の分析結果を取得することができるようになります。

NECとdotData, Incはデータ分析業務の高度化・効率化により、データサイエンティストが短期間に様々な角度から多数の分析を行うことにより、データ分析にもとづく新たなビジネス展開など、SMBCグループの企業価値向上に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201807/20180713_02.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

Source: NEC Corporation
セクター: ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>