2018年08月08日 15時00分

Source: Showa Denko

昭和電工、第2四半期累計期間連結業績予想との差異、通期連結業績予想の修正に関するお知らせ


東京, 2018年08月08日 - (JCN Newswire) - 平成30年5月9日に公表しました平成30年12月期第2四半期累計期間の連結業績予想と本日公表の実績値に差異が生じましたので、下記のとおりお知らせいたします。また、当社は、最近の業績動向を踏まえ平成30年12月期通期連結業績予想を修正いたします。

1.平成30年12月期第2四半期累計期間連結業績予想との差異
(1) 第2四半期累計期間連結業績予想との差異(平成30年1月1日~平成30年6月30日)
https://www.acnnewswire.com/topimg/Low_sdk1808081.jpg

(2) 前回予想との差異の理由
売上高は、石油化学セグメントでは原料ナフサ価格の上昇を受けエチレン等製品価格が想定を上回り、無機セグメントでは黒鉛電極の国際市況が想定よりやや強めに推移したため、総じて増収となりました。

営業利益は、無機セグメントが黒鉛電極の市況上昇を受け大幅な増益となり、石油化学、アルミニウム、その他、の3セグメントも堅調な需給を背景にそれぞれ増益となりました。

これを受け、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益についても前回予想と比べ増益となりました。

2.平成30年12月期通期連結業績予想の修正
(1) 平成30年12月期通期連結業績予想(平成30年1月1日~平成30年12月31日)
https://www.acnnewswire.com/topimg/Low_sdk1808082.jpg

(2) 業績予想修正の理由
売上高は、無機セグメントが黒鉛電極の国際市況が前回予想時と比べ上昇し、石油化学セグメントではナフサ価格の上昇を背景にエチレン等主要製品の市況が上昇しており、それぞれ増収を見込みます。

営業利益は、エレクトロニクスセグメントが前回予想比減益を見込みますが、無機セグメントが黒鉛電極の市況上昇により大幅な増益を見込み、その他セグメントも増益となるため、総じて増益となる見込みです。

これを受け、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益についてもそれぞれ増益となる見込みです。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.sdk.co.jp/assets/files/news/2018/20180808_sdknewsrelease_j.pdf

概要:昭和電工株式会社

詳細はwww.sdk.co.jpをご覧ください。

本件に関するお問合せ先:
昭和電工株式会社
広報室
03-5470-3235

Source: Showa Denko
セクター: 化学品

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>