2018年12月06日 09時00分

Source: NEC Corporation

NEC、アイシン・エィ・ダブリュにおいて自動車部品の生産設備をつなぐネットワークをSDNで構築


東京, 2018年12月06日 - (JCN Newswire) - NECは、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社(本社:愛知県安城市、取締役社長:尾﨑 和久、以下 アイシン・エィ・ダブリュ)において、トランスミッション(変速機)など自動車部品の生産設備をつなぐネットワーク基盤を、SDN(注1)を活用して構築しました。本ネットワーク基盤は、同社の本社第二工場、および岡崎東工場で稼働開始しています(注2)。

NECが、企業の生産設備をつなぐネットワークにSDNを導入するのは、今回が初めての事例となります。

本ネットワーク基盤は、SDNの特長を活かし、分かりやすいGUIでネットワーク構成の把握、トラブル機器の特定などが行えるため、専門家がいない工場でもネットワークの運用を簡単に行うことができます。また、生産ラインごとに仮想ネットワークを構築し、万が一ウイルス侵入やサイバー攻撃などのトラブルがあった場合でも、障害個所を迅速に特定して他のラインへの影響を抑止し、被害を極小化できます。これにより、IoTを活用した生産ラインにおいて、多層化・階層化されたセキュアなネットワークを実現します。

NECは社会ソリューション事業に注力しており、今後もビジネスインフラを支えるネットワーク基盤の提供を通じて、企業の競争力向上や業務効率化に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201812/20181206_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

Source: NEC Corporation
セクター: ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>