2020年07月10日 18時00分

Source: Honda

CATLとHonda、新エネルギー車用バッテリーに関する包括的戦略アライアンス契約を締結


東京, 2020年07月10日 - (JCN Newswire) - 寧德時代新能源科技股※有限公司 (以下、CATL)とHonda は 、新エネルギー車用バッテリーに関する包括的なアライアンス契約を締結し、電動車普及加速に向けた戦略パートナーシップを強化します。本契約により、バッテリーの共同開発、安定供給、リサイクルとリユースの幅広い領域が対象となります。

両社の電動車戦略実現に向けた取り組みを加速

CATLとHondaは、両社技術を持ち寄った新エネルギー車用バッテリーの共同開発及び、将来基礎技術の共同研究を進めていきます。CATLはHonda向けに電気自動車(BEV)を中心とした新エネルギー車向けバッテリーの安定供給を実現し、2022年目途に中国生産モデルへの供給開始を予定しています。将来的にはグローバルでの展開も視野に検討しています。また、両社は将来を見据えたバッテリーリサイクル及びリユースに向けたスキーム構築の領域においても今後協議を開始していきます。

CATLは、新エネルギー車用バッテリーシステム及びエネルギー貯蓄システムの、研究開発・生産及び販売をし、グローバルで新エネルギー車の運用に向けた最適なソリューションを提供している企業です。Hondaは、二輪・四輪・ライフクリエーション・航空機事業を世界で展開するモビリティメーカーであり、電動車開発において、グローバルでの電動化に向けた取り組みを加速しています。両社は、技術協力及び競争力の高いバッテリー供給体制を強化することで、グローバルでの電動化目標達成を目指していきます。

両社の協業と長期的関係を強化

Honda は、CATL の第三者割当増資の引き受けを行うことで、CATL 株の約1%の株式を取得しました。これにより、Honda はCATL のトップ戦略パートナーとなり、商品競争力及びコスト競争力のあるバッテリーを安定的に確保、CATL は今回の増資を通じてバッテリー開発強化及び生産能力を更に拡大していきます。今後両社は、電動車普及拡大に向けた取り組みを強化し、長期にわたる関係を構築していきます。

CATL プレジデント Zhou Jia(周 佳)のコメント
「Honda はグローバルでの電動化におけるキープレイヤーであり、今回の提携により、Honda とCATLはグローバルパートナーシップを更に強固に構築し、共に競争力のある電動化商品と最適なソリューションを提案します。クリーンかつ快適な、楽しい移動生活の実現に向けて努力していきます。」

本田技研工業株式会社 専務取締役 ものづくり担当取締役 三部 敏宏 のコメント
「今回の提携により、CATL とのパートナーシップをより強化することができました。加速する電動化において、CATL はHonda に新たな力を与えてくれるパートナーであり、長期的なアライアンスによってHonda の電動化における商品競争力を⼀層向上できると確信しています。Honda は、今後も自由な移動の喜びの提供と、持続可能な社会の実現に取り組んでいきます。」

【編注】※にんべんに「分」

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2020/c200710.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。

Source: Honda
セクター: 自動車全般

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>