2020年10月15日 10時00分

Source: Mitsubishi Motors

三菱自動車、クロスオーバーSUV 新型『エクリプス クロス』の予約注文を受付け開始

デザインを一新し、新たにPHEVモデルを追加

東京, 2020年10月15日 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、本年12月に発売を予定している クロスオーバーSUV 新型『エクリプス クロス』の予約注文を、10月15日(木)から全国の系列販売会社で受付け開始します。『エクリプス クロス』はデザインを一新するとともに、新たにPHEVモデルを追加。車両本体のメーカー希望小売価格はPHEVモデルで約385万円~約450万円(消費税込)、ガソリンモデルで約255万円~約335万円(消費税込)となります。また、発売までの間にPHEVモデルを予約注文いただいたお客様への特典として、4種類の「選べるオプションプレゼント」をご用意しています。

『エクリプス クロス』は2017年にグローバルで発売以来、スタイリッシュなクーペフォルムとダイナミックなSUVの機動力を融合したクロスオーバーSUVとして好評を博してきました。今回はフロントとリヤのデザインを一新し、上質感を高めながらいっそう流麗で洗練されたフォルムとしたほか、荷室容量を拡大してSUVとしての使い勝手をさらに高めました。また、プラグインハイブリッドカテゴリーにおいて世界最多販売台数*1を誇る『アウトランダーPHEV』から引き継いだ、ツインモーター4WD方式のPHEVモデルを新たに設定。モータードライブならではの力強さと静かで滑らかな加速、車両運動統合制御システムS-AWC*2がもたらす思い通りの操縦性、軽快感と安心感で『エクリプス クロス』の走りの魅力を高めています。

電動化技術を担当するチーフ・テクノロジー・エンジニア(以下CTEと記載)の百瀬 信夫によるコメント
「PHEVは日常のほとんどをEVとして、遠出する時はハイブリッドとして利用できますので、充電の心配をすることなく、モータードライブを心ゆくまで安心して楽しんでいただけます。また、アウトドアレジャーでは便利な、非常時では頼もしい電力源となります。私たちは環境性能を追求するだけでなく、お客様に安心・安全を提供するため、ツインモーター4WD方式のPHEVシステムを採用しました」

四輪制御技術を担当するCTEの澤瀬 薫によるコメント
「ツインモーター4WDは、『走る』『曲がる』『止まる』を連続的に捉えて瞬時に制御する車両運動統合制御システムS-AWCを採用しており、意のままの操縦性と卓越した安定性を高次元で実現しています。電動車はきめ細かく、素早く、自由自在な制御が可能であり、誰もが安心して楽しめる、私たちの考える理想的な走りを追求しました」

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2020/detail5476.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「[email protected]
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

Source: Mitsubishi Motors
セクター: 自動車全般

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>