2021年05月13日 14時00分

Source: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.

三菱重工サーマルシステムズ、海外市場向けビル用マルチエアコンの商品ラインアップをフルモデルチェンジ
世界各地で順次販売を開始

東京, 2021年05月13日 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱重工サーマルシステムズ株式会社(社長:楠本 馨、本社:東京都千代田区)は、海外市場向けビル用マルチエアコン「KXZシリーズ」の商品ラインアップ計17機種をフルモデルチェンジし、世界各地で販売を開始します。すでに4月28日から欧州・豪州で販売しており、今後、アジアや中南米市場にも順次展開していきます。外形寸法はそのままにデザインを一新したほか、市場ニーズに応じた室外機の組合せ自由度拡大などを行うことで、さらなる高効率化と運転制御の多様化、より高い省エネ性を実現しました。

今回の新モデルは、スラスト(軸受)プレートを採用した新開発のコンプレッサー(注1)による入力低減を実現。また、室内ユニット間および室内ユニットと室外ユニット間の高低差に対応可能な範囲を拡大(注2)したことで、複数階にまたがって室内機が設置されることの多い高層ビルなど高低差の大きい条件での冷媒系統の集約を可能とし、導入時の初期費用低減に貢献します。さらに室外機からの排気性能も50Pa(注3)から85Paに向上。排気ダクトへの適用力を強化して据付場所の自由度が増したことで、都市部の狭所などへの設置を可能としました。

一方、従来モデル同様、圧縮機スクロール構造へのマルチポート機構採用による電力損失の抑制、室内温度をチェックしながら圧縮機の運転回転数を最適制御する節電機能の搭載、デマンド(電力需要)制御機能の2段階から3段階への増加などといった仕組みにより、特に中間性能領域で高い省エネ効果を実現しています。10~20馬力の室外機を3台まで組み合わせることにより最大60馬力まで対応可能であり、輸出仕様は10~60馬力の構成です。

三菱重工サーマルシステムズは、海外市場向けのパッケージエアコンやビル空調システムで省エネ性や操作性に優れた製品の開発に積極的に取り組むことで、引き続き空調機器事業の拡大を図っていきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/21051301.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.
セクター: エネルギー

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱重工、水素技術 バーチャル工場見学会を開催
2021年06月14日 14時00分
 
三菱重工と三菱ロジスネクスト、国内初 冷凍冷蔵倉庫型レーザー誘導方式無人フォークリフトを共同開発
2021年06月14日 10時00分
 
MHIENGとDrax社、世界初・商用規模でのネガティブ・エミッション実現に向け協業
2021年06月10日 11時00分
 
三菱パワー、エジプトの75万kW級GTCC発電所に対する3件のLTSAを同時締結、調印式典も開催
2021年06月04日 11時00分
 
三菱原子燃料、燃料加工施設に関する設計および工事計画の認可について
2021年06月02日 13時00分
 
三菱重工工作機械、高精度・高能率加工を重視するホブ盤「GE15HS」「GE25HS」を発売
2021年05月31日 13時00分
 
三菱重工と三菱ロジスネクスト、港湾のCO2排出削減に向けた取り組みを開始
2021年05月27日 14時00分
 
三菱重工、南フランス・ITER向けTFコイル計4基が完成
2021年05月24日 15時10分
 
三菱パワーとスペイン電力大手イベルドローラが協業
2021年05月21日 09時00分
 
三菱重工、化石燃料などの脱炭素転換へ向け既存船の改造に関する検討を開始
2021年05月20日 12時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>