2021年06月11日 14時00分

Source: Angrycoin Global Alliance

Angrycoin——アングリーコイン、デジタル通貨先安天敵の新登場!

東京, 2021年06月11日 - (JCN Newswire) - 最初の数少ないIT技術者が進めてからだんだん十数年も発展してきたが、伝統的な金融機関が介入してしまうデジタル通貨は、管理のない仮想通貨資本市場になり、暗号化学説原理に基づき、匿名で口座を開設することができるため、保有者は世界中に散らばっており、犯罪や不正取引などで得た資金が仮想通貨の市場に転々と移動されています。




最近、大型銘柄が全面安の展開となる中、ビットコインも40日間という短い期間で64000から30000に下落を見せることで、後期の仮想通貨圏に進出した投資家にかなり巨額の損失を引き起こしました。Elon Muskが推薦したDogecoinをはじめとするコピーキャットコインの値下がりの幅が60%に達したため、まったくゼロサムゲームで、自分のアイドルに騙されてユーザーの利益を害しかねないです。

最近、投資信託に目が鋭い中東経営者、世界有名な心理学者、数学者、シリコンバレーの先端技術者、ウォールストリートのヘッジファンド創始者であるRichard Xを取材しました。彼は石油ファンドと共同で発行した新たなエモーショナルコイン——Angrycoin(中国語名称:アングリーコイン)が、先安に対抗するために急激なブームを巻き起こした衝撃のデジタル通貨です。

インタビューの一部の会話内容は以下の通り(Q&A,reporter and Richard X):

Q:Angrycoinとは何ですか?

A:暗号化通貨市場が下落を見せる一方で、将来安くなる株価だと思った投資家は、Angrycoinすなわち先安に対抗するエモーショナルコインを買い注文することにしました。つまり、ビットコインやエーテルコインなどの1万種類銘柄が全面安の展開となる場合、Angrycoinを買い注文した投資家は収益を獲得でき、コインの反面のように先安で数多くの売り注文した投資家のネガティブな態度が表現され、リバース機能を持つということです。

Q:Angrycoinにはどんな機能がありますか?

A:投資家にとって、Angrycoinは仮想通貨の「INSURコイン」であり、厳密に言えば保険ではないが、ヘッジング機能を持つということです。ビットコインなどの銘柄が全面安の展開となる場合、Angrycoinを買い注文した投資家は利益を無限大にすることが可能です。

Q:なぜAngrycoinの価格変動に影響を与えますか?

A:まずは、金融株式市場が全面安の展開となり、コピーキャット、主流コインやテクノロジーコインを対象に投資の失敗による巨額損失を出した投資家は、通常、投資家は感情を調整しながら、全体的に沈静化してきた雰囲気に溢れており、先安に対抗するエモーショナルコインを買い注文する人数も増えるかもしれません。

第二、大手投資家にとっては、金融株式市場の値上がりする続く中、市場取引を行う余地はほとんどありません。その時、Angrycoinは、彼らの資本をより効率的にすることでき、新たな強気の支柱となるでしょう。

第三、1万種類以上の銘柄の中では、投資家がロングとショートでホットスポットを切り替えているときに、Angrycoinだけが利益を得られるということです。

第四、数多くの銘柄値段が将来高くなると思われている投資家にとっては、同じ様に先安に対抗して収益を獲得する必要があります。

Q:アングリーコインと、市場に発売しているETFなど、先安に対抗する先物、オプション商品との違いは何ですか?

A:今、先安に対抗するため、市場に発売している金融派生ツールオプション、先物、オプション、先物指数はレバレッジが利用できるにもかかわらず、充実してません。世界のデジタル通貨取引所のトップ3のうちの1つは、ビットコインのレバレッジドショート契約のブローアウト率が85%以上というデータを持っています。いわゆるブローアウト率とは、投資家が元本まで失ってしまうことで、市場のショートツールがこれらの投資家にスーパーリスクを経験させているように見えます。また、巨額損失のない逆投資であるETF商品への市場注目度や出来高が低いため、デジタル通貨の弱気な市場の深度を真に反映しているとは言えません。

アングリーコインは、投資家が弱気な市場でもレバレッジを利用せずに普通に投資できるトークンとして、ある意味で、常に市場に対する投資家の信頼度を測る尺度のもう一方の端として存在し、機能を果たしていることが、米国のデジタル通貨投資家に評価され、期待されています。

Q:アングリーコインのsloganとビジョンは何ですか?

A:Angrycoinは、新たなデジタル通貨先安の天敵です。グローバルデジタル通貨の先安相場を作り出すことで、75億人口がデジタル通貨を保有するAngry universeの実現に努めています。

Q:Angrycoinは市場に受け入れられると思いますか?

A:世の中のすべての新しいものは、人々に受け入れられるためのプロセスが必要です。Angrycoinは、この特別な時代に高度に発達した金融学、心理学、ディストリビューションアルゴリズム、社会哲学のデジタル通貨市場に直面する製品であり、ビットコインのように認知される段階を経るかも知れないが、下落して損失が発生したときに感じるのは投資家だけです。Angrycoinのアイデンティティと暖かさの感覚は、投資家自身が体験する必要があります。

短い間に、Richard Xをインタビューしたことで、伝統的な金融観点から見ると、仮想通貨は価値のない、一時的な価格しかない仮想の商品であることに気づきました。価値がないため、Dogecoin、SHIB、PIGコインといった動物コインを中心に急激なブームを起こしています。投資家は思わず買い注文をやりたくなり、数倍、数十百倍の収益から今直接損失に出られ、騰落率が激しく、元金さえ保証できないことは本当にスリリングな金融投資です。

個人投資家は、資本市場の貢献者です。表面的な現象を分析することで自分の投資感情を形成し、その感情が自己催眠によって投資家の自信へと発展していくのです。しかし、値上がりする時期は長くは続かず、弱気な市場が来たときに、市場の低迷とともにこれらの自信は負の感情に戻り、失敗の結果は自分自身への怒りにつながり、怒りの唯一の理由は "貪欲"であり、利益を把握するために自分の失敗のために大きなダメージと怒りにつながった、現在の読者は、あなたも同じ気持ちを持っているかどうか? これこそが、アングリーコインが生まれた使命なのかもしれませんね。

Media Contact
Company: Angrycoin Global Alliance
Contact Person: QiQi
Email: contact@angrycoin.com
Website: www.angrycoin.com

Source: Angrycoin Global Alliance


Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


新着プレスリリース


もっと見る >>