2021年07月08日 17時00分

Source: Moonstake

Bytom社とMoonstake社、Bytom 2.0とDeFiコラボレーションのためのパートナーシップを発表

シンガポール, 2021年07月08日 - (ACN Newswire) - Bytom社と、業界トップレベルのステーキングプロバイダーであるMoonstake社は、戦略的な協力関係を結びました。Moonstake社は、アジア地域および世界市場におけるユーザーおよび商業的需要の増加に対応するために、ステーキングプールプロトコルを開発し、アジア最大のステーキングプールプロバイダー(PoS staking)となることを目指しています。



Moonstake社は、Bytom 2.0のエコシステムに参加し、市場と商業的成功を目指しています

MoonstakeはBytom 2.0のエコシステムをサポートし、stakingに関する専門知識を提供します。Moonstakeが加わることで、Bytomのユーザーにステーキングに関する同社の専門知識による安心感を提供するとともに、Moonstakeの既存ユーザーに新たなデジタル資産の選択肢を提供します。Moonstakeは、アジア最大のステーキングネットワークを構築することを目的として、2020年にステーキング事業を開始しました。それ以来、2000以上の暗号通貨に対応した、最もユーザーフレンドリーなウェブウォレットとモバイルウォレット(iOS / Android)を開発してきました。2020年8月に本格的な運用を開始した後、Moonstakeのステークス資産総額は10億ドルに達するまでに急成長し、Moonstakeは世界的に見てもトップ10のステークスプロバイダーの1つになることができました。現在、Moonstakeは需要の高い12種類のステーキングコインをサポートしています。Cosmos、IRIS、Ontology、Harmony、Tezos、Cardano、Qtum、Polkadot、Quras、Centrality、Orbs、およびIOSTです。

Bytom社とMoonstake社は、マーケティングやコミュニティへの働きかけにおいても密接に協力していきます。Moonstakeは、日本、シンガポール、東南アジアなどに強固なユーザー基盤を持ち、アドバイザリーチームには、Lisk、Ramp、Centrality、RockX、Ruby Capital、Harmonyなど、著名なパブリックチェーンやDeFiプロジェクトのメンバーが名を連ねています。

DeFiにおける機会のためのパートナーシップ

DeFiスペースでは現在、ブロックチェーン分野のイノベーションが非常に集中しています。Bytom社とMoonstake社の両社は、この分野で深い技術と製品の専門知識を持っています。Bytom社のDeFiプロトコルクラスター製品であるMOV(MOV.network)は、クロスチェーン、AMM、オーダーブック、金利協定を組み合わせた多分散型のプロトコル製品です。一方、Moonstake社は現在、Muse Finance社やその他のDeFi分野の注目プロジェクトと提携しています。MoonstakeとBytom社は、DeFi分野で協力し、技術とエコシステムの可能性を追求していきます。

MoonstakeのCEOであるLawrence Lin氏は、今回のコラボレーションに期待を寄せています。『Moonstakeは、Bytom 2.0とそのPoSへの移行をサポートすることを楽しみにしています。また、Bytom社とは共同マーケティングやコミュニティへの働きかけを行い、DeFi分野でのより深いパートナーシップを模索していきます

Bytom FoundationのCEOであるLang Yuは次のように述べています。Moonstakeと協力することで、我々は大きな変化を起こすことができます。私たちは、staking、DeFi、マーケティングにおいて、共に大きな成功を収めることができると信じています。

MoonstakeとBytom社のパートナーシップは、Bytom社のブロックチェーンがPoSプロトコルに戦略的に移行し、市場にさらなる革新をもたらすことで、クリプトステークスとDeFiのコミュニティに大きな価値をもたらすことを約束します。

Moonstakeについて

Moonstakeは世界各地域のブロックチェーン市場で高まる需要に答えるステーキングプールプロトコルを開発することを目的に、近年設立されました。Moonstakeはステーキングプールの技術プロトコルを開発し、パートナーや企業にビジネスサービスを提供しています。

Moonstakeは暗号資産保有者にアクティブに活動しやすい環境を提供することで、アジア最大のステーキングプールネットワークになることを目指しています。主要なプラットフォーム提供者と良好な関係を構築し、Emurgo、Ontology、NEOといったコアブロックチェーンに加え、日本最大のブロックチェーンハブであるBinarystar、シンガポール上場企業のOIO Holdings Limited(SGX: OIO)があります。また、LiskやRAMP DEFIのLawrence Limといった業界で著名なアドバイザーによって、Moonstakeの革新的な活動は支援されています。

2020年8月に開始された本格的なオペレーションにより、事業を拡大し、現在のステーキング資産総額は10億米ドルを超えています。https://www.moonstake.io/

Bytomについて

Bytomは、ブロックチェーンベースのオープンソースの価値交換プロトコルです。ワラント、証券、配当、債券などの実世界の資産をトークン化することを目的としています。ユーザーはBytomブロックチェーンを使用して、制限なく資産を作成し、これらの資産を自由に流通させることができます。

Bytom社は、以下をカバーする包括的な製品エコシステムを構築しています。
1. Bytomブロックチェーン
2. DeFiプロトコル(MOV)
3. クロスチェーン・ゲートウェイ(OFMF)
4. エンタープライズ・ブロックチェーン(Bystack)
5. また、IEEEワーキングスタンダードグループをリードしています。

詳細は、 https://bytom.io 、Twitter@Bytom_Officialのフォロー、NewsletterBytom's Newsletter、Telegramへの参加でご確認いただけます。 https://bytom.io/

Source: Moonstake
セクター: CryptoCurrency

Copyright ©2021 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.


新着プレスリリース


もっと見る >>