2021年11月01日 13時30分

Source: Toyota Motor Corporation

TOYOTA、ライズにハイブリッド車を新設定
同時に一部改良し、幅広く楽しめる5ナンバーSUVがさらに進化

豊田, 2021年11月01日 - (JCN Newswire) - TOYOTAは、ハイブリッド車を新たにラインナップに加えるなど、ライズを一部改良し、11月1日に発売しました。

1. ハイブリッド車の特長

(1) 新開発の1.2Lハイブリッドシステム「e-SMART(イースマート)ハイブリッド*1」搭載
- エンジンは発電専用。その電力を使用し100%モーターで走行するシリーズハイブリッド方式を採用。小さな排気量でシンプルな構造とコンパクトなサイズを実現。低・中速走行に強く、街乗りでの使用頻度が高い小さなクルマに適したハイブリッドシステム

(2) レスポンスの良い加速性能
- 走り出しから最大トルクを発揮するモーター駆動ならではのレスポンスの良さ、なめらかな加速で、街乗りでの電気自動車のような走行フィールを体感

(3)「スマートペダル(S-PDL)」採用
- アクセル操作のみで車速をコントロール可能。加減速を繰り返す街中や下り坂などで、アクセルからブレーキへの踏みかえ頻度が減り、ドライバーの負担を軽減しつつ軽快な走りを実現

(4) コンパクトSUVクラストップレベルの低燃費(WLTCモード 28.0km/L*2)を実現

2. 主な改良内容

(1) ガソリン(2WD)車のエンジン変更
- 従来の1.0Lターボからクラストップレベルの熱効率を実現した新開発1.2Lエンジンに変更
- 低燃費(WLTCモード 20.7km/L*2)と高い動力性能を両立。低速域での加速性を向上

(2) 予防安全機能「スマートアシスト*1」を全車標準装備化
- 夜間の対歩行者検知を可能とした衝突警報及び衝突回避支援機能の拡充
- 標識認識機能(進入禁止/最高速度/一時停止)で見逃し予防をサポート
- 電動パーキングブレーキの採用により、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)に停止保持機能が追加され、長距離運転時の渋滞なども快適にサポート

(3) その他快適装備も充実
- キーを持って施錠状態の車両に近づくとルームランプが点灯するウェルカムランプ機能を標準装備
- ハイブリッド車には、降車後の足元を照らすヘッドランプ点灯延長機能を標準装備。さらに、アクセサリーコンセント(AC100V・1,500W/非常時給電システム付)を設定
- 外板色にスムースグレーマイカメタリックを設定

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/36254806.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota Motor Corporation
セクター: 金融, 自動車

Copyright ©2022 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


TOYOTA GAZOO Racing、GRMNヤリスを初公開
2022年01月14日 10時00分
 
TOYOTA、新型「ノア」ならびに「ヴォクシー」を発売
2022年01月13日 13時30分
 
TOYOTA GAZOO Racing、東京オートサロンにてモータースポーツを起点としたもっといいクルマづくりの取り組みを発表
2022年01月07日 13時30分
 
トヨタ、2021年11月 販売・生産・輸出実績を発表
2021年12月24日 13時30分
 
TOYOTA、「C+pod」を個人向け含む全てのお客様を対象に販売開始
2021年12月23日 13時30分
 
TOYOTA、プロボックス、ハイブリッド車に新グレードを設定
2021年12月22日 13時30分
 
トヨタ、お乗りのクルマを最新の状態に「進化」させる取り組みに挑戦
2021年12月21日 15時00分
 
TOYOTA、ピクシス バン、ピクシス トラックに新開発のCVTや電子制御式4WDを設定
2021年12月20日 13時30分
 
トヨタ、バッテリーEV戦略を発表
2021年12月15日 09時00分
 
トヨタ・モビリティ基金、レンタカー利用者の交通事故削減に向けて、走行データを活用した実証実験を12月9日から沖縄県で開始
2021年12月09日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>