2022年01月13日 14時00分

Source: Mitsubishi Electric

三菱電機とグローバル・ブレイン、「ME イノベーションファンド」を設立
新規事業の創出に向け、オープンイノベーションを加速

東京, 2022年01月13日 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社(以下、三菱電機)と独立系ベンチャ-キャピタルであるグローバル・ブレイン株式会社(以下、グローバル・ブレイン)は、このたび、運用総額50億円のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)ファンド「ME イノベーションファンド」を設立しました。

三菱電機とグローバル・ブレインは、本ファンドを通じて、革新的な技術やビジネスモデルを有する国内外の有望なスタートアップ企業の成長支援を行うと共に、三菱電機とのオープンイノベーションも加速させることで、事業モデルの変革や新規事業の創出を目指します。

ファンド設立の背景・狙い

近年、顧客や社会におけるニーズの多様化、環境意識の高まり、テクノロジーの急速な発展など、経営環境の変化に素早く適応するためにオープンイノベーションの重要性が高まっています。

三菱電機はこのような背景のもと、有望なスタートアップを対象に2020年度から総額100億円を順次投資するなど、コーポレートベンチャリング活動(※1)を推進しています。

グローバル・ブレインは、2001年より独立系ベンチャーキャピタルとしてスタートアップ投資を開始し、2021年末時点の運用資産総額は1,700億円を突破しています。また、大企業との強力な連携を通じて、現在8社のCVC運営およびアライアンス構築支援を行っています。

今回、三菱電機とグローバル・ブレインは、CVCファンドを共同で設立しました。デジタル領域や持続可能な社会の実現を目指すグリーンイノベーション領域を中心に、革新的な技術やビジネスモデルを有する国内外の有望なスタートアップへ投資を行うことで、その成長を支援し、オープンイノベーションによって三菱電機の事業モデルの変革や新規事業の創出を目指します。

ファンドの概要

名称(登記上の名称):ME イノベーションファンド(ME イノベーション投資事業有限責任組合)
運用総額:50億円
運用期間:10年間
投資対象:デジタルおよびグリーンイノベーション領域を中心に当社との協業の可能性を有する国内外のスタートアップ企業
無限責任組合員:グローバル・ブレイン株式会社
有限責任組合員:三菱電機株式会社

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2022/0113.pdf

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Electric
セクター: エレクトロニクス

Copyright ©2022 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱電機とイオンモール、自律走行ロボットによる商品配送サービスの実証実験を開始
2022年01月19日 15時00分
 
三菱電機、「MelCare見まもりサービス」受注開始
2022年01月19日 15時00分
 
三菱電機、業務用空調室内機の昇降機構部品交換について発表
2022年01月17日 15時00分
 
三菱電機、4周波数帯に対応した世界最小の高精度衛星測位端末用アンテナを開発
2022年01月17日 13時38分
 
三菱電機、コンセプトカー「EMIRAI xS Drive」を開発
2021年12月20日 13時00分
 
三菱電機、「制御の根拠を明示できるAI技術」を開発
2021年12月14日 15時00分
 
三菱電機、「サイバーセキュリティーソリューションOTGUARD」ラインアップ拡充
2021年12月06日 14時00分
 
三菱電機と産総研、稼働中のFA機器をリアルタイムで調整するAI制御技術を開発
2021年11月25日 13時00分
 
三菱電機、濃縮余剰汚泥を対象とした下水処理場向け「オゾン可溶化反応装置」を開発
2021年11月17日 14時00分
 
三菱電機、令和3年度「第69回電気科学技術奨励賞」を受賞
2021年11月02日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>