2022年04月01日 15時00分

Source: Moonstake

2022年のPolkadot(DOT)について知っておくべきこと

シンガポール, 2022年04月01日 - (JCN Newswire) - 2021年は暗号資産市場において飛躍的な1年となりました。世界中でデジタル資産、NFTをはじめとするブロックチェーン技術が使われたマーケットの成長とテクノロジーの導入において大きな変革をもたらしました。私たちMoonstakeも怒涛の1年を過ごしました。世界中のユーザーとパートナーのサポートのおかげで、Moonstakeは世界のステーキングプロバイダーのトップランキングにノミネートされ、ステーキング資産の総額は18億ドルに達しました。2022年を迎え、Moonstakeとパートナーは、Moonstakeのプラットフォームのスケールアップと進化に伴い、多くのエキサイティングなニュースやプログラムをお届けしていきます。年始に際し、2022年のパートナーの最新情報や期待されるアップデートを、戦略的パートナーと共同で連載していきます。今回はPolkadot(DOT)についてご紹介します。



2020年1月現在、MoonstakeはPolkadotの代表的なノードオペレーターであるRockXとの戦略的パートナーシップにより、DOTステーキングをサポートしています。以来、Moonstakeは、Polkadotのエコシステムの認知度を高めると同時に、DOTステーキングをグローバルユーザーに促進するため、ウェビナーやプレゼントなどのキャンペーンを多数開催しています。その後Moonstakeは、Polkadot上の主要なDAppsハブであるAstar Networkと提携し、他のパラチェーンとのエコシステムのサポートを拡大することにも成功しました。

2021年、Polkadotは2つのRelay-chainネットワークでParachains、Slot Auctions、Crowdloansを展開し、多くの主要な開発マイルストーンを達成しました。年明け早々にKusamaのParachianが稼働し、同年12月にはPolkadotのParachianが稼働しており、両者とも稼働後にパラチェーン上で、多くのプロジェクトローンチを成功させました。

また、ネットワークがサポートできるノミネーターアカウント数は、2020年末の6,000からピーク時には22,000と3倍に増加しました。さらにPolkadotは、パンデミックによる混乱の下でもグローバルなPolkadotコミュニティを育成するために、オンラインとオフラインの双方向で世界各地380以上のミートアップやカンファレンスを開催してきました。最も注目すべきは、Polkadotがヨーロッパ最大の通信会社であるDeutsche Telekomから支援と支持を受けたことで、現在、同社のインフラを使用しPolkadotパブリックブロックチェーンネットワークにバリデーターとして参加しております。

2022年に向けて、Polkadotはネットワーク上でパラチェーンスロットの稼働数を拡大することに注力しており、最終目標は合計100パラチェーンスロットとなる予定です。またプロジェクトは、さらに多くのイベント、ハッカソン等を通じて、エコシステムのための強固な開発コミュニティの構築に向けた取り組みを進めています。これは、技術的な成果とユーザビリティの面でエコシステムをより高みへと押し上げるだけでなく、Polkadotのユーザーベースを拡大し、価値の高いエコシステムを求める投資家の関心を集める方法でもあります。

Moonstakeは、Polkadotのエコシステムを拡大するためにAstarの戦略的パートナーとなったことを誇りに思います。私たちは、成長・発展を続けるPolkadotエコシステムへの強力なサポートを維持し続け、2022年に世界中のDOTおよびクリプトユーザーにさらに大きな価値をもたらし、PolkadotおよびMoonstakeエコシステムの採用を共に加速させることができるようにしたいと考えています。

Moonstakeについて

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoの構成銘柄であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5000万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど28社の大手プラットフォームプロバイダーと提携しています。2021年5月、Moonstakeはシンガポール証券取引所に上場しているOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めています。

Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。

Moonstakeのステーキングビジネスについて

2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対し、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデーションノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、16のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、グローバルなユーザー基盤を持ち、同年6月には全世界の1万以上のプロバイダーの中で3位にランクインしています。 https://www.moonstake.io/

Polkadotについて

Polkadotは、ユーザー主導の分散型ウェブの構築を実現していくブロックチェーンです。

プライベートチェーン、コンソーシアムチェーン、パブリックネットワーク、パーミッションレスネットワーク、オラクル、そしてまだ生まれていない未来のテクノロジーをつなぐために構築されています。Polkadotは、独立したブロックチェーンがPolkadotリレーチェーンを介して、情報のやりとりやアセットの交換を信頼できる形で実現させるためのテクノロジーです。

Polkadotは、分散型アプリケーション、サービス、新たな組織の構築、そして他のブロックチェーンとの接続をこれまで以上に容易にします。イノベーターがより良いソリューションを構築できるようにすることで、従来の監視的なウェブの在り方からの脱却を目指します。 https://polkadot.network/

Astarについて

Astar Networkは、PolkadotのWASM + EVMのスマートコントラクトハブとしてNo.1のブロックチェーンです。2022年1月にパラチェーンオークション以来、Astar NetworkはTotal Value Lockedと最も多くのイーサリアムを移管した点でPolkadotエコシステムのトップパラチェーンになっています。Astar Networkは、PolkadotエコシステムとEthereum、Cosmos、およびすべての主要なレイヤー1ブロックチェーンを接続する、主要なスマートコントラクトのハブとなっています。Astar Networkは、複数の仮想マシン(WASMおよびEVM)を使用したdAppをサポートし、Web3の開発者が安全でスケーラブルかつ相互運用可能なブロックチェーンの上に構築するための高水準な技術ソリューションと金銭的インセンティブをBuild2EarnおよびAstar Incubation Programを通じて提供しています。 https://astar.network/

Source: Moonstake
セクター: Crypto, Exchange

Copyright ©2022 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


Moonstake、Polygon Network上のORBSステーキングサポートを開始
2022年07月04日 11時30分
 
Moonstake、Oasis Network(ROSE)のステーキングサポートを開始
2022年06月15日 12時00分
 
FIOとは?知っておきたいFIOプロトコルのすべて
2022年04月18日 15時00分
 
Moonstake、Polygonブロックチェーンへのサポートを開始
2022年04月15日 11時30分
 
2022年のShiden Network(SDN)について知っておくべきこと
2022年03月31日 17時00分
 
2022年のQURAS(XQC)について知っておくべきこと
2022年03月22日 15時05分
 
2022年のHarmony (ONE)について知っておくべきこと
2022年03月22日 15時00分
 
Moonstake、GameFi事業への参入 Moonstake Gaming Guild(MSGG)設立へ
2022年03月15日 13時00分
 
MoonstakeがAstar & Shiden Builders Programから助成金を受領
2022年03月09日 11時30分
 
Moonstake、Everscale(EVER)のステーキングサポートを開始
2022年02月24日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>