2022年09月22日 19時00分

Source: Toyota Motor Corporation

WRC 第11戦 ラリー・ニュージーランド プレビュー:ニュージーランドで10年ぶりに開催されるグラベルラリーで表彰台の最上段を目指す

豊田, 2022年09月22日 - (JCN Newswire) - TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、9月29日(木)から10月2日(日)にかけてニュージーランドで開催される、2022年FIA世界ラリー選手権(WRC)第11戦「ラリー・ニュージーランド」に、セバスチャン・オジエ/ベンジャミン・ヴェイラス組(GR YARIS Rally1 HYBRID 1号車)、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(33号車)、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(69号車)の、3台のGR YARIS Rally1 HYBRIDで参戦。10年ぶりに開催される南半球のグラベル(未舗装路)ラリーで優勝を獲得すべく、チーム一丸となって臨みます。

前戦アクロポリス・ラリー・ギリシャはチームにとって残念な結果となりましたが、それでも依然マニュファクチャラー選手権では63ポイントのリードを確保しています。また、ロバンペラはドライバー選手権で2位のオィット・タナックに53ポイント差をつけており、今回のニュージーランドでさらに差を8ポイント以上拡げることができれば、自身初のドライバーズタイトルを獲得することができます。今大会では、オジエが4戦ぶりに出場し、TGR WRT Next Generationからエントリーの勝田も含めて4人のドライバーがGR YARIS Rally1 HYBRIDでニュージーランドに挑みます。そのうちニュージーランドの出場経験があるのはオジエのみであり、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamとしては初めてのチャレンジとなりますが、チーム代表のヤリ-マティ・ラトバラは2010年大会でオジエと大接戦を演じて優勝するなど、このラリーでの実戦経験を持っています。

ラリー・ニュージーランドは1969年に初めて開催され、1977年にWRCのシリーズに加わりました。非常に人気のあるラリーでしたが2012年大会を最後にWRCとしては行われておらず、今回は10年ぶりのWRC開催となります。ラリーの舞台となるのはニュージーランドの北島で、サービスパークは国内最大都市オークランドのウォーターフロントに置かれます。ラリー・ニュージーランドのステージはグラベルとなり、路面は非常にスムーズ。リズミカルな中速コーナーが続き、外側部分が高くなっているバンク状のコーナーも多いため、それをうまく利用することで高い速度でコーナリングすることができます。

ラリーは9月29日(木)の夕方、オークランド博物館前でのセレモニアルスタートに続き、全長1.78kmのスーパーSSで競技がスタート。2日目の30日(金)は、オークランドから南に150km程度離れた「ラグラン」の周辺で、伝統的な3本のステージを各2回走行。午前と午後のステージの間にミッドデイサービスは設定されず、タイヤフィッティングゾーンでの簡単な整備作業のみで一日を走ることになります。なお、6本のステージの合計距離は158.56kmと、競技全体の半分以上の距離を走行する長い一日となります。3日目の10月1日(土)は、オークランドの北側エリアで3本のステージをミッドデイサービスを挟んで各2回走行。最終日の2日(日)は、オークランドの南東エリアで2本のステージを各2回走行し、そのうちSS15の再走となる最終ステージのSS17は、トップ5タイムを記録した選手とマニュファクチャラーにボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されています。ステージは全部で17本、合計279.80kmとWRCとしては比較的短いステージ距離での戦いとなりますが、リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は1379.97kmに達します。

ヤリ-マティ・ラトバラ (チーム代表)
再びニュージーランドに行くのが個人的にとても楽しみですし、チームとしても楽しみにしているラリーです。前戦ギリシャの結果ははもちろん残念でしたが、今後同じようなラリーで強く戦うための教訓を得ました。ラリー・ニュージーランドは、ギリシャとは全く異なるタイプのグラベルラリーです。路面はスムーズで、高速で流れるような道が多くあり、コーナーは内側に傾きバンクのようになっているので、クルマとダンスをするような感覚を味わうことができます。WRCの他のイベントと比べて独特で、本当に素晴らしいステージです。2010年にセバスチャンと接戦の末優勝することができたのは、とてもいい思い出です。セバスチャン以外のドライバーにとっては新たなチャレンジになりますが、きっと彼らもニュージーランドのステージを楽しむことができると思いますし、もう一度優勝争いができると確信しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://toyotagazooracing.com/jp/wrc/release/2022/rd11-preview/

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota Motor Corporation
セクター: 自動車

Copyright ©2022 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


トヨタ、既販車への後付け車いす収納装置を発売
2022年09月26日 14時00分
 
TOYOTA、ハリアーを一部改良、プラグインハイブリッドシステム搭載車を新設定
2022年09月26日 13時30分
 
トヨタ、ロシアでの生産事業を終了
2022年09月23日 23時00分
 
トヨタ、10月生産計画を発表
2022年09月22日 16時50分
 
SUPER GT 2022年 第6戦 SUGO SUGO GT 300km RACE:雨による混戦の中、立川/石浦組GRスープラが4位フィニッシュ
2022年09月19日 10時40分
 
トヨタ・モビリティ基金、JA共済連、薄暮時間帯・夜間の交通事故削減に向けてドライバーからの服装の見えやすさを診断できるソフトウェアを開発し、啓発活動を開始
2022年09月14日 16時00分
 
WRC 第10戦 アクロポリス・ラリー・ギリシャ デイ4:TGR WRTにとって試練の週末になるもNext Generationの勝田が総合6位を獲得
2022年09月12日 11時30分
 
TOYOTA GAZOO Racing、「ホーム」富士でのハイパーカー初レースで1-2フィニッシュ
2022年09月12日 11時20分
 
トヨタ・モビリティ基金、デンソー、東京海上日動火災保険、東京大学、ドライブレコーダーAI解析技術を活用した高齢者安全運転支援の実証実験を豊田市で実施
2022年09月06日 10時30分
 
WEC2022年シーズン 第5戦 富士6時間 プレビュー:TOYOTA GAZOO Racing、ハイパーカーGR010 HYBRIDが初の富士凱旋レースへ
2022年09月05日 18時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>