2022年12月01日 22時00分

Source: Moonstake

AVAXとは?アバランチについて知っておくべきこと

シンガポール, 2022年12月01日 - (JCN Newswire) - 本記事は、Moonstakeのステーキングコインの一つを探る入門講座となります。今回は、アバランチとそのネイティブコインAVAXを見ていきます。AVAXは、わずか数年前の創業以来、急速に成長し、市場で最も人気のある暗号資産としてリストアップされています。



アバランチの特徴とは?
Avalancheは、2020年9月にローンチされ、dAppsとカスタムブロックチェーンネットワークのプラットフォームとして機能するLayer-1ブロックチェーンです。Ethereumのライバルとして、Avalancheはスケーラビリティやセキュリティへの課題に妥協することなく、4,500TPS(1秒あたりの取引量)という素晴らしい出力を持つことで、スマートコントラクトに最適なブロックチェーンとしてEthereumを追い落とすことを目指しています。

最も注目すべきは、EVM(Ethereum Virtual Machine)と互換性のあるAvalancheネットワークが、3つの個別のブロックチェーンからなるユニークなアーキテクチャを誇っている点です。他のブロックチェーンのように1つのチェーンが全てのトランザクション処理を行うのではなく、3つのチェーンがそれぞれ独自の役割を果たし、連携してAvalancheネットワークを運営しています。

具体的には
X-Chain(取引所チェーン)
トランザクションを処理する目的で利用されます。取引手数料は0.001AVAXと固定されており、DAG(Directed Acyclic Graph)技術を利用して速度を最適化する。

P-Chain (プラットフォームチェーン)
ステーキングとバリデーター活動を行う目的で利用されます。

C-Chain (コントラクトチェーン)
スマートコントラクト、DApps、DeFiを扱う目的で利用されます。

ユーザーはこれら3つのチェーン間でAVAXを交換することができ、それらは特別なサブネットであるプライマリーネットワークによって保護・検証されます。

Avalanche上では、ユーザーは広範なAvalancheエコシステムとシームレスに相互運用可能な独自のカスタムブロックチェーンネットワークを構築することができます。カスタムサブネットは、2,000 AVAXをステーキングすることでプライマリーネットワークのメンバーになることができます。

Avalancheのコンセンサス・アルゴリズムについては、Proof-of-Stake (PoS) を基盤として使用する Snow と呼ばれる独自のプロトコルを運用しています。Snowコンセンサスプロトコルは、取引速度、ネットワーク容量、分散化、エネルギー効率、セキュリティのバランスを取ることを目的としています。またAvalancheチームは、そのネットワークが「あらゆるブロックチェーンプラットフォームの中で最も軽いハードウェアとなること」を目標としており、スラッシュ(ステーキングした資産の没収)を実装していないため、バリデータにとって非常に優しいPoSチェーンになっていると主張しています。

Avalancheはどのように人気になったのか?
Avalancheは、DeFiで最も人気のあるブロックチェーンの1つとして注目を集めています。 レンディングプロトコルである「AAVE」、DEXである「SushiSwap」、初の規制対象安定コインである「TrueUSD」など、市場をリードするDeFiプラットフォームのベースとして利用されています。

Avalancheは、堅牢な設計とDeFiエコシステムのおかげで、DApp開発者にとって最も人気のあるブロックチェーンの1つになっており、2020年AvalancheはICOにおいて、わずか24時間で4200万米ドルの資金調達を達成しました。

Avalancheの技術的マイルストーンとMoonstakeがAVAXをサポートする理由について
Moonstakeでは、市場で最も需要の高いコインをサポートするように取り組んでいます。これまでのAvalancheの主要なマイルストーンは以下の通りです。

2020年 - 2021年 メインネットローンチから半年で、ネットワークバリデーションを800個達成しました。
2021年 TVLが大幅に増加し、2021年5月の市場暴落前に4億米ドルのピークを迎えました。
2021年第1四半期 ユーザーは最初の24時間以内の8.2Mドルを含む1億ドル以上の資産をイーサリアムからアバランチに移動させました。
2022年11月下旬 Avalancheネットワークは合計4億5000万トランザクションを処理し、1年前と比べて1507%増加しました。
現在 200以上のDAppプロジェクトがAvalanche上で利用可能であり、Avalanche周辺の堅牢なブリッジングエコシステムのおかげで、多くのプロジェクトがクロスチェーン化されています。

また、Avalancheは、会計事務所「Deloitte」や上場保険会社「Lemonade」などの大手グローバル企業との制度的パートナーシップを確保し、企業向けのブロックチェーンと暗号の実用的な使用事例を実証しています。アバランチは現在、1,300以上のバリデーターを抱え、非常に活発なネットワークを確保しています。

AVAXは需要の高いコインであり、アバランチネットワークは活発で継続的な成長と発展を遂げている尊敬すべきブロックチェーンプロジェクトであることがわかります。このことから、AVAXはMoonstakeがサポートするPoSコインのラインナップに戦略的に追加された素晴らしいコインであり、私たちはAVAXステーキングをすぐにお客様にお届けできるよう努力しています。

AVAXのステーキングの仕組み
ステーキングを開始するには、AVAXをP-Chain上に転送する必要があります。Pアドレス(P-chainのアドレス)に資産を保有すると、その資産は非流動的な状態になります。あなたの資産をXアドレスに自由に移動させることはできませんし、他のPアドレスに移すこともできません。あるPアドレスから別のPアドレスに資産を移動するには、Xアドレスに送り返して、別のPアドレスに送る必要があります。

ユーザーは、ウォレットに委任/ステーキングするために25AVAXを持っている必要があり、検証のために資金をステーキングできる最小期間は、ロックアップ期間の2週間となります。バリデータが設定する委任手数料は、バリデータに支払われる報酬の一部である。委任手数料の最低額は2%である。しかし、アバランチにはスタッシュはなく、ステーキングされたトークンは、バリデータのパフォーマンス低下による損失のリスクは決してありません。

バリデータがプライマリネットワークの検証を終了すると、ステーキングされたAVAXトークンが返還されます。またバリデータは、ネットワークの安全確保に貢献したノードに対して、ステーキング報酬を与えるかどうかについても投票する。

バリデータは、バリデータの過半数によって測定されるように、検証期間の80%以上でオンラインかつ応答した場合にのみ、ステーキング報酬を受取ることができます。ノードがバリデータセットから離れるとき、バリデータは、離れたノードがステーキング報酬を受け取るべきかどうか投票します。

AVAXステーキングの報酬の受け取り方とステーキング解除の仕組み
ステーキングで得たAVAX報酬はプロトコルレベルで処理され、報酬が獲得されると自動的にあなたに転送されます。AVAXトークンは最低2週間、最高1年間ステーキングする必要があり、ステーキング報酬(ステーキングしたトークンも)はステーキング期間終了後にユーザーが受け取ることになります。

参考文献
https://www.avax.network/
https://core.app/ecosystem/projects
https://el33th4x0r.medium.com/state-of-avalanche-q1-2021-2565921a36d8
https://coinmarketcap.com/currencies/avalanche/

Moonstakeについて
Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。Moonstakeは2020年4月の創業以来、Cardanoの構成銘柄であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5000万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど27社の大手プラットフォームプロバイダーと提携しています。2021年5月、Moonstakeは、シンガポール証券取引所に上場するOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めました。Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。https://www.moonstake.io/

Moonstakeのステーキングビジネスについて
2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対し、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデーションノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、18のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、全世界のユーザー基盤を持ち、同年6月には全世界の1万社以上のプロバイダーの中で3位にランクインしています。

Avalancheについて
Avalancheは、time-to-finalityで測定されるブロックチェーン業界で最速のスマートコントラクトプラットフォームであり、あらゆるプルーフオブステークプロトコルの中で最も多くのバリデータを確保し、その活動を保証しています。Avalancheは、非常に高速で、低コスト、かつ環境に優しいプロトコルとなり、スマートコントラクトに対応したあらゆるアプリケーションは、Avalanche上で競合他社を凌駕することができます。 https://avax.network

Source: Moonstake
セクター: Crypto, Exchange

Copyright ©2023 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


Moonstake、Unstoppable Domainsとパートナーシップ締結
2022年12月20日 18時00分
 
Moonstake、Solana(SOL)のステーキングサポートを開始
2022年12月16日 12時00分
 
Moonstake、CMOのPietro Curtoの就任により経営体制を強化
2022年11月16日 18時00分
 
Moonstakeがssv.networkの助成金を受領―分散型ETHステーキングの統合へ
2022年11月16日 16時00分
 
SOLとは?ソラナについて知っておくべきこと
2022年11月14日 15時00分
 
Moonstake、戦略的パートナーRockXと提携し、SOLステーキングを統合
2022年11月10日 17時00分
 
Moonstake、学ぶ&稼ぐ暗号資産投資の新しい方法「MoonWealth」 を提供開始
2022年11月01日 15時00分
 
Moonstake、StakingRewardsが主催する世界初のステーキングサミットに参加へ
2022年10月25日 18時00分
 
MoonstakeがStakingRewardsのVerified Provider Programに参加、世界トップ10のプロバイダーに選出
2022年10月12日 16時00分
 
Moonstake、日本向け暗号資産コミュニティ「TSUDOI」と提携し、暗号資産業界の情報を配信
2022年10月10日 18時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>