2023年01月26日 11時00分

Source: Mitsubishi Corporation

日本製鉄・三菱商事・エクソンモービル、海外CCSバリューチェーン構築に向けた検討に関する覚書締結を締結

東京, 2023年01月26日 - (JCN Newswire) - 日本製鉄株式会社(社長:橋本英二、以下「日本製鉄」)と三菱商事株式会社(社長:中西勝也、以下「三菱商事」)とExxonMobil Asia Pacific Pte. Ltd.(アジアパシフィック低炭素ソリューション事業 プレジデント:Irtiza Sayyed、以下「エクソンモービル」)は、このたび豪州などの海外アジアパシフィック圏内でのCO2回収・貯留(Carbon Capture and Storage、以下「CCS」)、及びCCSバリューチェーン構築に向けた共同検討に関する覚書(以下、「本覚書」)を1月25日に締結しました。

本覚書に基づき、3社は日本製鉄の国内製鉄所から排出されるCO2の回収に関する調査や必要な設備開発の評価を行い、エクソンモービルによる豪州及びマレーシア・インドネシアを始めとする海外アジアパシフィック圏でのCO2貯留先の調査、及び三菱商事による海外へのCO2輸送及びCCSバリューチェーン構築に向けた評価を実施して参ります。日本でのCO2回収・海外でのCO2貯留に関するCCSバリューチェーン構築の具体的な検討は世界で初めての取組みとなります。

日本製鉄は、2021年3月に公表した中長期経営計画の中で、「カーボンニュートラルビジョン2050」を打ち出し、その実現のために、CCSを重要な技術の一つと位置付けております。今回3社での取組みを通じて、製鉄所から発生するCO2を海外にて地層貯留を行うための貯留場所の確保や貯留インフラ・法整備の検証、またコストの妥当性の検討等、早期社会実装に向けて積極的に推進していきます。

三菱商事は、2021年10月に策定した「カーボンニュートラル社会に向けたロードマップ」及び2022年5月に公表した「中期経営戦略2024」においてエネルギートランスフォーメーション(EX)を重要な取組みと位置付けています。今回3社での取組みを通じて、海外へのCO2の輸送及びCCSバリューチェーン構築を推進していきます。

エクソンモービルは、低炭素社会実現に向けて、引き続き革新的なソリューション開発を進めて参ります。2021 年、低炭素化が困難な業界に対し、環境負荷の低い技術を提供すべく、Low Carbon Solutions事業を設立しました。エクソンモービルは、低炭素技術の開発、活用を通じ、アジアパシフィック地域内外での排出量削減を推進致します。

三菱商事は、今後もCCS等による事業の低・脱炭素化を通じて、EXを主導すると共に、よりクリーンなエネルギーの安定供給を通じてカーボンニュートラル社会への移行・実現に貢献して参ります。

日本製鉄について

日本製鉄は、世界でもトップクラスの鉄鋼メーカーであり、日本国内の6つの製鉄所ならびに世界15カ国以上に製造拠点を展開しています。日本製鉄グループは、製鉄事業を中核として、鉄づくりを通じて培った技術をもとに、エンジニアリング、ケミカル&マテリアル、システムソリューションの4つの分野で事業を推進しています。「総合力世界No.1の鉄鋼メーカー」を目指し、常に世界最高の技術とものづくりの力を追求し、優れた製品・サービスの提供を通じて社会の発展に貢献して参ります。https://www.nipponsteel.com/

三菱商事について

三菱商事は、世界約90の国・地域に広がる拠点と約1700の連結事業会社と協働しながら、ビジネスを展開しております。天然ガス、総合素材、石油・化学ソリューション、金属資源、産業インフラ、自動車・モビリティ、食品産業、コンシューマー産業、電力ソリューション、複合都市開発の10グループに産業DX部門を加えた体制で、幅広い産業を事業領域とし、未来を見据えた重要課題への取組みとして、デジタル化や低・脱炭素社会に対応したDX(デジタルトランスフォーメーション)とEX(エネルギートランスフォーメーション)を一体で推進して参ります。

エクソンモービルについて

エクソンモービルは、国際的に株式公開されている最大のエネルギー及び石油化学企業の1つであり、生活の質を向上させ、社会の進化するニーズを満たすソリューションを創造しています。主要事業であるアップストリーム、製品ソリューション、低炭素ソリューションは、エネルギー、化学、潤滑油、CO2削減技術など、現代の生活を豊かにする製品を世界に提供しています。エクソンモービルは、業界をリードする資源ポートフォリオを有する世界最大級の統合燃料、潤滑油、化学会社です。シンガポールの関連会社である ExxonMobil Asia Pacific Pte. Ltd. は、ジュロンとジュロン島に、世界規模の精製・石油化学の統合複合施設を含む製造施設を持っています。当社の操業及び事業は、陸上輸送、産業、航空、船舶用燃料、潤滑油、石油化学製品、及び、液化天然ガス (LNG)の供給を通じ、地域に貢献しております。詳しくは、exxonmobil.com及びEnergy Factor、Twitter、LinkedInをご参照、フォローください。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2023/html/0000050629.html

Source: Mitsubishi Corporation
セクター: 金融

Copyright ©2023 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱商事、人事異動を発表
2023年01月23日 14時00分
 
三菱商事、2023年度 役員人事等について発表
2023年01月20日 14時00分
 
三菱商事とENEOSによるガソリンスタンドを拠点とした配送効率化事業の合弁会社の設立について
2023年01月05日 11時30分
 
三菱商事、自己株式の取得状況に関するお知らせ
2023年01月04日 14時00分
 
三菱商事など、インドネシア タングーLNGプロジェクト 生産分与契約(PSC)の延長について発表
2022年12月23日 18時00分
 
三菱商事、オランダHollandse Kust West Site VI洋上風力発電所の事業権を獲得
2022年12月16日 11時30分
 
三菱商事、自己株式の取得状況に関するお知らせ
2022年12月01日 14時50分
 
東京ガス・大阪ガス・東邦ガス・三菱商事4社、米国キャメロンLNG基地を活用した日本への合成メタン(e-methane)導入に関する 詳細検討の実施について発表
2022年11月29日 11時00分
 
三菱商事:当社の連結子会社株式に対する公開買付けに係る応募契約締結に関するお知らせ
2022年11月14日 16時30分
 
三菱商事、2022年度第2四半期決算を発表
2022年11月08日 13時50分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>