2019年12月19日 12時00分

Source: Ant Financial Services Group

環境保護に報わい、中国アント・フォレストで誕生された不思議なジュース


杭州, 2019年12月19日 - (JCN Newswire) - 2019年12月19日、中国のインタネット企業「Alipay」(アリペイ)はエコロジー製品「MAサジー」ジュールをリリースし、中国のネットプラットフォームで大人気となった。当該サジージュースは販売開始したとたん、全国から絶賛を博した。「手遅れしたら売り切れ」と呼ばれるネット有名エコロジー製品であり、アント・フォレストのユーザーしか買えないという。このサジージュースが売れ筋となったことにより、新型な「MAサジーエコロジー製品エコロジー製品貧困脱却モード」が見られる。



知ることによると、「MAサジー」は不思議なジュースであり、「アント・フォレスト」の木植えイベントで生まれたものである。2016年に、Alipayは「アント・フォレスト」(アップ内のゲーム)をリリースし、インタネットでの優位性に便乗し、5億人以上の情熱を奮い立たせて、低炭素で環境にやさしいライフスタイルを形成し、1.22億本の実の木を植えた。コヨウ、モンゴリ松、サジー等の多様なエコロジー経済がもたらせる木が植えられた。このようなイベントによって、地元の貧困地域を助けて、風よけに沙を固めて、気候風土を潤い、「緑の水、青の山」を守ることができた。更に、地元の貧困民衆のために、収入を増加し、「金の山、銀の山」を収穫することもでき、現地のエコロジー保護及び経済発展の良性的な循環を促すことができている。アリババの貧困脱却基金会の副主席で、アリファナンシャルサービスの取締役会長兼CEOの井賢棟の話によると、1本あたりの「MAサジー」の売り上げは、原料及び工場生産加工のコストを除いだ全部の収入をエコロジー環境保護及び貧困脱却・収入増加に使うと言う。それに、当該製品は、持続可能で、全員参加可能で、今後の手本になる「貧困脱却新種」であるとも言った。

初ロットの「MAサジー」ジュースの原産地は、内モンゴルアント・フォレスト清水川の自然保護地にある。「MAサジー」の誕生は、地元の「エコロジー発展」と「貧困脱却収入増加」の間で「プラス的なサイクル」を導いたばかりか、新職場・新職業を含めた「都市化への形態転換」も推し進めた。生活に困難がある民衆のために、就職の職場を創り出し、農業労働者を家の間近で工場労働者に変身させた。この方式は、現地農村の形態転換に基づき、「収入増加促進、就職促進」の方針を持って、生活に困難がある民衆に実に「獲得感」を与えて、農村振興に堅実な社会心理基盤を築いた。

サジーは地球で2億年以上繁殖・生存してきた植物であり、「ビタミンCの王様」と呼ばれる。現在は、多くの人たちの食卓に不可欠なドリングになっている。医学博士の星野雅夫が書いたサジーについての研究の著作では、サジーは心臓・脳血管、肝臓の病気や認知症等の各類の病気の治療に役に立つと紹介され、「中国の不思議な薬草」と呼ばれている。栽培環境によって、地球上90%のサジーは中国で生きている。「MAサジーエコロジー貧困脱却モード」の押し広めにつれて、数億人のアント・フォレストユーザーがこの事業に参加している中、中国のサジー栽培面積は更に増えていくと信じている。


セクター: Local Business

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>