2021年10月13日 15時00分

Source: Moonstake

TRXとは?TRONについて知っておくべきこと
Moonstakeで対応しているステーキングコインを紹介するステーキング入門講座

シンガポール, 2021年10月13日 - (JCN Newswire) - 今回は、TRONネットワークとそのネイティブコインであるTronix(TRX)についてご紹介します。


TRXとTRONネットワークについて

TRONは暗号資産市場をリードするブロックチェーンの1つで、世界中のユーザーや開発者から多くの支持を得る非常に活発なコミュニティを持っており、真の分散型インターネットとそのインフラの確立に尽力していることでよく知られています。

世界最大級のブロックチェーンオペレーティングシステムであるTRONプロトコルは、エネルギー効率の高いdPoSコンセンサスメカニズムを採用しており、世界的なハイテク企業であるSamsung、Opera、Poloniex、Swisscom Blockchainなどの主要なビジネスパートナーとのコラボレーションを通じて、TRONエコシステム内の分散型アプリケーションに高度なスループット及びスケーラビリティ、などの可用性を提供しています。現在、TRONベースのTRC20プロトコルは、約360億USドルという世界最大の安定コインの流通量を誇っています。そのネイティブコインであるTronix(TRX)は、コンテンツ消費者がクリエイターにゲーム内資産を支払うために使用したり、ゲーム内の通貨として使用したり、エンターテインメントコンテンツに対してクリエイターに直接報酬を与えたり、追加アクセスを購入するために使用することができます。

TRONネットワークは、2017年にJustin Sun氏によって設立されました。ブロックチェーン業界で最も影響力の高い人物であるJustin Sun氏は、シリアルアントレプレナーであり、2018年から2021年まで世界で最も人気のあるP2P通信プロトコルであるBitTorrentのCEOを務めました。また、中国で最も人気のある音声ストリーミングソーシャルアプリの一つであるPeiwoを設立したことで知られています。TRONは市場で最も急速に成長しているDeFiエコシステムの1つであり、5600万以上のグローバルユーザーアカウントと20億以上の累積トランザクションを誇っています。

TRONの技術的マイルストーンとMoonstakeがTRXをサポートする理由とは?
- TRON メインネットは2018年6月に、元々構築されていたEthereumブロックチェーンからの独立する形で公開されました。
- TRON メインネットが稼働してからわずか半年程で100万人以上のユーザーを獲得し、Ethereumよりも多い取引数、EOSよりも多いアカウント数を誇り、2018年の暗号資産リストトップ10に入っています。
- TRONのDAppエコシステムは、TRON Virtual Machine(TVM)のローンチから60日間で80以上のDappsに達しました。
- 2019年3月、テザー社はTRONベースの新しいステーブルコイン「USDT TRC20」を発表しました。
- 2019年10月、TRONはSamsungと正式に提携し、Samsung Galaxy StoreでDAppsを提供し、2020年4月にはSamsung app storeのTRONセクションが開設されました。
- 2020年5月、BitTorrent File System(BTFS)が稼働し、1億人のユーザーが管理するノードと1,000以上のTRONフルノードを持つ世界最大のP2Pストレージネットワークが誕生しました。
- 2021年6月、CircleのUSDC安定コインがTRONネットワークで利用可能になりました。
- 2021年9月、TRONはVanEck TRX ETP(VTRX)のDeutsche Boerseへの上場に成功し、14のEU市場で投資家のアクセスを提供することで、主要な暗号資産(すなわちビットコインとイーサ)の1つに加わりました。

これらの充実したマイルストーンから、TRXは非常に有望なコインであることがわかります。さらに、TRONネットワークは世界的にも有数のオープンソース・ブロックチェーン・プロジェクトの1つです。これらのことからTRXはMoonstakeで利用できるPoSコインのラインナップとして非常に魅力的であり、Moonstakeは、今後TRONと共同で更なる挑戦ができると確信しております。Moonstakeは2021年6月に正式に戦略的パートナーシップを締結し、2021年10月からTRXのステーキングをサポートしています。

TRONネットワークでのステーキングとアンステーキングの仕組み

他のPoSコインと同様にTRXアセットをステーキングすることでステーキング報酬を得ることができます。TRONネットワークでのステーキングは、ネットワークのバリデーターを選びノミネーターになることで、ネットワークの運営(ブロックの検証)に参加することを指します。

TRONのネットワーク上のすべてのアカウントは、スーパーレプリゼンタティブ/スーパーパートナーにステーキングすることができます。ステーキングにはTRONパワー(TP)が必要で、これはユーザーのTRX保有残高によって決まります。TRXをステーキングすることで、ネットワーク上の円滑なやりとりに必要なエネルギーなどが確保されるとともに、スーパーレプレゼンタティブ/スーパーパートナーへの投票権を増やすことができます。

スーパーリプレゼンタティブ/スーパーパートナーにステーキングするためには、TRXがロックされていることを確認する必要があります。これにより、TPが生まれ、投票権を得ることができます。これはTRXを消費するものではなく、3日間ロックする仕組みとなり、この3日間は、TRXを取引することはできません。

TRXをステーキングするにあたり、最小ステーキング数量は求められません。そのため、全てのTRXホルダーがステーキングに参加することが可能です。また、TRONネットワークはアンステーキング時のロック期間がなく、取引手数料も実質ゼロであるため、多くのユーザーに支持されやすいブロックチェーンといえるでしょう。

TRXステーキングで報酬を得る方法

年間報酬(APY)は約5.46%となります。TRXの報酬は24時間に1回発生します。ステーキング報酬は、スーパーリプレゼンタティブ(パートナー)が設定したルールに基づいて分配されます。

TRXをステーキングするための3つのステップ
1. ウェブまたはモバイル(iOS / Android)でMoonstakeウォレットをダウンロード/アカウント登録
2. ウォレットの管理画面から「アセットを追加」ボタンをクリックしTRXを選択することでウォレットにTRXを追加します。
3. TRXの管理画面のステーキングタブから「ステーキング」ボタンをクリックし、数量を入力いただいた後、ウォレットの送信パスワードを入力をすることでステーキング完了となります。

ステーキング操作マニュアルの詳細はこちら。
https://drive.google.com/file/d/1K7Atb_XZe6BRVkjDlvxR_S4FtIs7FAYT/view

参考文献:
https://coingape.com/justin-sun-tron-success-2018/
https://hyperblog.de/hoergen/2020/03/01/tron-milestones-in-2019
https://coingape.com/tron-a-year-of-new-milestones-and-achievements/
https://tronspark.com/tron-midyear/

Moonstakeについて

Moonstakeは、世界のリーディングステーキングサービスプロバイダーとして、法人及び個人向けの分散型ウォレットサービスの開発と運用を行っています。

2020年8月よりステーキング事業を本格化。世界中のユーザーから支持を集め、総ステーキング資産は18億ドル(約2000億円)に上ります。2021年6月に、世界1万5000のステーキング・プロバイダーで3位にランクインを果たしました。

これまで、Cardanoの構成組織であるEmurgoやTRON、NEOら主要ブロックチェーンを含め、約30のパートナーシップを通じたビジネスやエコシステム拡大を図ってきました。2021年5月には、シンガポール証券取引所の上場企業”OIO Holdings Limited”の100%子会社となり、一層の事業の拡大と信頼性の向上に努めています。 https://moonstake.io/ja/

Source: Moonstake
セクター: Crypto, Exchange

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>