2022年05月20日 11時00分

Source: NEC Corporation

NEC、スギ薬局の全国約1,500店舗を繋ぐ基幹システムをAWS上に構築
拡張性に優れたシステムで店舗DXを支援

東京, 2022年05月20日 - (JCN Newswire) - NECは、株式会社スギ薬局(注1、以下スギ薬局)のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するため全国にあるスギ薬局約1,500店舗のマスタ管理、仕入、発注といったマーチャンダイジング業務(注2)を行う基幹システムをアマゾン ウェブ サービス(以下 AWS)上に構築し、本格稼働を開始しました。

昨今、小売業をはじめとするあらゆる業界では、事業を加速するために新たな顧客体験の実現や慢性的な人手不足への対策となるDXの推進が必要不可欠です。

スギ薬局では、顧客に合わせた最適な接点を持つための「スギ薬局アプリ」や健康増進を支援する「スギサポ」、化粧品電子カルテ「Carat」を導入・展開するなどDX戦略を推し進めながら、年間 100店を上回るペースで店舗数を急速に拡大させています。今後も店舗数やビジネス規模の拡大を目指す中、DX戦略の重要な土台となる基幹システムに対し、柔軟な拡張性が求められていました。

今回NECは、AWSを活用してビジネス成長に合わせた柔軟な拡張性や社外パートナーとの連携が容易な接続性などを有するスギ薬局の基幹システムをクラウド環境に構築しました。NECは、2020年11月に米国AWSと日本では初となるコーポレートレベルの戦略的協業契約を締結(注3)するなどAWSと連携を強化しており、約1,500店舗を支える大規模システムのスムーズな移行を実現しています。

本システムは、既存の基幹システムに比べ、約40%以上の高速化を実現し、大量のデータの迅速な処理が可能になり、現場の意思決定の促進とビジネス規模拡大に寄与しています。また、基幹システムのモダナイゼーションに併せてWebサイトプログラミング言語のHTML5(注4)によるアプリケーション開発を行い、店舗従業員などユーザの使用感を高めました。さらに本部や店舗にある約2,200台の業務用PC端末に加え、スマートフォンやタブレット端末といった約5,000台のスマートデバイスからもマーチャンダイジング業務が可能になり、在庫管理や発注、売上分析といった作業を場所の制約を受けずリアルタイムに確認・対処でき、店舗運営の効率化を図りながら従業員はより高い専門性が必要な美容やヘルスケア領域の業務に注力することができます。

NECは、基幹システムのモダナイゼーションなど通じ、今後も快適で心地よい顧客体験を生み出し続ける店舗運営の実現「Smart Retail CX」に取り組みます。これにより人やモノ、プロセスの情報・状態をバリューチェーン全体で共有し、新たな価値を生み出す「NEC Value Chain Innovation」(注5)をお客様と共に実現していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202205/20220520_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


セクター: IT

Copyright ©2022 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>