2022年07月01日 15時00分

Source: Mitsubishi Corporation

三菱商事など、倉庫産業DXの実現をめざす共同事業に参画
業界横断でのパートナーシップにより倉庫産業が直面する課題を解決

東京, 2022年07月01日 - (JCN Newswire) - 三菱商事、三菱商事ロジスティクス、東京大学協創プラットフォーム開発(以下、「東大IPC」)、プロロジス、三井不動産※、三菱HCキャピタル、三菱地所の7社は、本日、倉庫産業DXの実現に向けた共同事業に参画したことをお知らせします。

三菱商事は、本日付で、自社で進めてきた倉庫産業DX事業を新設子会社であるGaussy(読み:ガウシー)に譲渡し、6社のパートナーがGaussyに出資参画いたしました。

Gaussyは、三菱商事が2020年にサービス提供を開始した倉庫ロボットのサブスクリプションサービス“Roboware”並びに、シェアリング倉庫サービス“WareX”を提供し、多様な産業の倉庫ユーザーと倉庫事業者をつなぐプラットフォームの構築をめざします。
※ 出資母体は31VENTURES Global Innovation Fund 2号(三井不動産のコーポレートベンチャーキャピタル)。

Gaussyが提供する倉庫DXサービス

倉庫現場の人手不足や属人化といった課題に対して、誰でも簡単にロボットを使って倉庫運営ができるサブスクリプション型の倉庫ロボットサービス “Roboware”と、倉庫キャパシティの過不足といった課題に対して、誰でも簡単に倉庫空きスペースを利用できるシェアリング倉庫サービス “WareX”の2つのサービスを提供します。“Roboware”は5機種の倉庫ロボットを取り扱い、全国14拠点に導入されています。“WareX”は全国1,000拠点を超える倉庫が登録されており、遊休スペースを活用した従量課金型の倉庫として、大手から中小企業の皆様にご利用いただいています。

Gaussyでは「物流から新しいチャンスを」をビジョンに、倉庫ニーズや荷量の変化にフレキシブルに対応できる仕組みを構築し、ビジネスに今までにない新しい選択肢を提供していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2022/html/0000049564.html

三菱商事について

三菱商事は、世界約90の国・地域に広がる当社の拠点と約1,700の連結事業会社と協働しながらビジネスを展開しています。天然ガス、総合素材、石油・化学、金属資源、産業インフラ、自動車・モビリティ、食品産業、コンシューマー産業、電力ソリューション、複合都市開発の10グループ体制で、幅広い産業を事業領域としており、貿易のみならず、パートナーと共に、世界中の現場で開発や生産・製造などの役割も自ら担っています。創業以来の「三綱領」という企業理念に基づき、経済価値・社会価値・環境価値の「三価値同時実現」による持続的成長を目指します。詳しくはウェブサイト( https://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/ )をご覧ください。


セクター: 金融

Copyright ©2022 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>