2018年11月09日 11時30分

Source: Mitsubishi Motors

三菱自動車、新型『トライトン』/『L200』を世界初披露

11月17日(土)よりタイで発売、世界約150ヶ国に順次展開

東京, 2018年11月09日 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、本年生誕40周年を迎えた1トンピックアップトラックの新型『トライトン 』/『 L200』を11月9日(金)にタイ・バンコクで世界初披露し、17日(土)より販売を開始します。

新型『トライトン 』/『 L200』は、タイにおける生産・販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランド(以下、MMTh)のレムチャバン工場で生産します。タイをはじめとするアセアン、オセアニア、中東、欧州、アフリカ、中南米などに順次展開し、最終的には約150ヶ国で販売する計画の世界戦略車です。

今回の世界初披露に先立ち益子修CEOは「三菱自動車にとって『トライトン』/『L200』は極めて重要な世界戦略車の一つであり、当社の持続的成長には今回投入する車の成功が不可欠です。今回の改良では、初代から40年間で培った耐久性、信頼性及び快適性にさらに磨きをかけるとともに、デザインを力強く堅牢なものに一新しました。新型トライトンは世界中のお客様の多様なご要望にお応えできると確信しています」と述べました。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detail5255.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「[email protected]
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

Source: Mitsubishi Motors
セクター: 自動車全般

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>