2019年02月08日 09時00分

Source: Mazda

マツダ、専用色「レーシングオレンジ」を採用した「MX-5」30周年記念車を世界初公開

ソフトトップとリトラクタブルハードトップ合わせて世界3,000台限定で販売

広島, 2019年02月08日 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は本日、MAZDA MX-5(日本名:マツダ ロードスター)の誕生30周年を記念し、専用色「レーシングオレンジ」を採用した特別仕様車「MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」を、2月7日から2月18日まで開催されるシカゴオートショー*において、世界初公開しました。

30年にわたり100万台以上を世界中のお客さまにお届けした今、マツダは「このクルマはもはやマツダのものではなく、お客さまのものである」と考えています。MX-5を育ててくださったすべての人々に感謝の気持ちを伝えるために、そしてこれからのMX-5への期待を込めて、心が沸き立つ一日の始まりを予感させる、朝焼けのようなオレンジ系の特別色「レーシングオレンジ」を開発しました。

MX-5 30周年記念車は、この「レーシングオレンジ」のボディカラーに加え、RAYS社とMX-5用に共同開発した鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)および、シリアルナンバー付オーナメント等を特別採用し、ソフトトップモデルとリトラクタブルハードトップモデル合わせて世界3,000台限定で販売します。

マツダは今後も、期待を超えるクルマづくりに挑戦し、日常のさまざまなシーンで「走る歓び」を感じていただける商品を通して、お客さまの人生においてかけがえのない存在となり、お客さまと特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。
本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2019/201902/190208a.html

概要:マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。

Source: Mazda


Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>