2019年03月06日 10時00分

Source: Skrumble Technologies

GAX(Global Asset Exchange)、香港ブロックチェーンウィークでトークン資産取引所を発表

ブロックチェーン大手のSkrumble Technologiesは、香港ブロックチェーンウィークで、初となる認可されたセキュリティトークンの取引所を立ち上げることを発表しました。

香港, 2019年03月06日 - (JCN Newswire) - Global Asset Exchange(GAX)は、規制されている有価証券をトークン化したセキュリティトークン・オファリング(STO)を世界中で売買するための機関投資家向けの取引所です。本日、Nexchange Groupが主催する香港ブロックチェーンウィークにて、Skrumble Technologiesの共同創設者兼社長であるEric Lifsonは、GAXの構築に関する契約について発表しました。GAXは、検証済みのトークン資産を安全に取引できるよう運用し、個人株主に対する説明責任を大幅に改善して、ブローカーや仲介業者を削減しており、コーポレート・ファイナンスの新たな時代の到来を示しています。

2008年にビットコインが誕生して以来、分割可能で世界的に取引されるデジタル資産の概念とその利点は、従来の機関に大きな影響を及ぼしはじめています。

業界専門家でSecuritizeの創設者兼CEOを務めるCarlos Domingoは、次のように述べています。「ビットコインが通貨に変革をもたらしたように、セキュリティトークンが株式に変革をもたらすことは避けられません。なぜなら、セキュリティトークンによって、所有者は直接的で流動性のある経済的利益や迅速な収益を実現できるからです。あらゆる所有権はトークン化が可能であり、数兆ドル規模の巨大な潜在市場となることが見込まれます。」

GAXは、有価証券の売買に係るサービスを十分に受けていない人々に応える、グローバルな取引所を構築することに重点を置き、さまざまな地域で事業を展開し、従来からの投資家や個人投資家に対して多様な資産ポートフォリオへのアクセスを提供するプロジェクトを、グローバルなプラットフォーム上に上場させることを目指します。

「香港は2018年のIPOの上場実績において世界第1位を獲得し、資金調達額は360億ドル以上にのぼりました。私たちは、セキュリティトークンや電子化された有価証券におけるグローバル市場の発展に、香港が重要な役割を果たすと期待しています。」と、BMI-Coinstreet Digital(BC Digital)の共同創設者であり、Coinstreet Partnersの創設者兼CEOを務めるSamson (SAM) Leeは述べています。「ブロックチェーン、フィンテックは世界を舞台としており、従来の資本市場で20年以上におよぶ経験と、ブロックチェーンエコシステムにおけるマーケットリーダーとしての地位を兼ね備えています。当社はGAXと戦略的なパートナーシップを構築できることに大きな喜びを感じています。当社では、GAXとともに、ワンストップのエンドツーエンドソリューションを提供し、世界中の企業が規制に準拠した方法でSTOを発行するとともに、GAXへの上場やモーリシャス証券取引所での取引を実現するための支援を行う用意があります。」

GAXは、モーリシャス証券取引所の規制に完全準拠し、2019年中にローンチを予定しています。GAXのウェブサイトは、正当なプロジェクトや企業向けに公開されており、上場申請を行うための登録が可能です。一般の方には、取引所で最初に取引を行うため、ホワイトリストの仮登録を受け付けています。詳細はウェブサイトをご覧ください。 www.gaxexchange.com

お問い合わせ先
Skrumble Technologies
Shelby Pearce
マーケティング・マネージャー
[email protected]

出典: https://bit.ly/2J0TRC7


セクター: 外国為替, フィンテック, ベンチャーキャピタル, Local Business

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>