2019年04月25日 14時00分

Source: Mitsubishi Motors

三菱自動車、社会体験アプリ「ごっこランド」にパビリオンを出店

ゲームを通じて電動車の仕組みとエネルギーの多様性を学ぼう!

東京, 2019年04月25日 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、4月26日より、株式会社キッズスター(本社:東京都世田谷区、平田全広代表取締役)が提供する社会体験アプリ「ごっこランド」に新規パビリオン「はしれ!!でんきじどうしゃ」を出店します。

「ごっこランド」は、「なりきり」「ごっこ」遊びを通じて、“社会の仕組み”を親子一緒に遊んで学べる無料アプリです。現在、様々な業態の企業25社 が出店しており、自動車メーカーとしては当社が初めての出店となります。

当社パビリオンは、自動車の組み立て工程をパズル形式で体験できる「じどうしゃこうじょうたいけん」、画面をタップして太陽光や風力による発電量を増やし、EV走行距離を競う「はしれ!!でんきじどうしゃ」の2種類のゲームで構成されています。ガソリン・ディーゼル車とEV・プラグインハイブリッドEV(PHEV)の構造の違いや、電気が持つエネルギーソースの多様性という価値を、楽しみながら学べる内容となっています。今後、全国の販売店のキッズコーナーでも楽しめるよう配備を進めていく方針です。

当社は電動車のパイオニアとして、電動車の開発・生産・販売を行うだけでなく、小学生向け出前授業や工場見学受け入れ、職業・社会体験施設「キッザニア」への出展、「電動DRIVE STATION」におけるワークショップイベントなどを通じて、次世代を担うこどもたちの育成や、電動車への理解・普及につなげる活動に積極的に取り組んでまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5313.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「[email protected]
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

Source: Mitsubishi Motors
セクター: 自動車全般

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>