2019年07月10日 13時00分

Source: Eisai

エーザイ、全く新しい創薬アプローチによる革新的認知症治療薬の創出をめざすG2D2が米国マサチューセッツ州ケンブリッジにおいて本格稼働

Human Genetics/Data Science/Precision Chemistryを融合させた創薬アプローチに取り組む

東京, 2019年07月10日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、このたび、米国マサチューセッツ州ケンブリッジの新たな探索研究所 (G2D2:Eisai Center for Genetics Guided Dementia Discovery、所長:Nadeem Sarwar Ph.D.)の開所式を行い、同施設において本格的に研究活動を開始したことをお知らせします。

G2D2 では、これまでエーザイが培ってきた Human Genetics(ヒト遺伝学)、Data Science(データサイエンス)および Precision Chemistry(精密化学合成)の強みを融合させた新たな創薬アプローチにより、認知症開発パイプラインの拡充に向けて、Aβ(アミロイドβ)やタウの次の創薬ターゲットを見据えたImmunodementia(認知症神経免疫療法)にフォーカスします。具体的には、ヒト遺伝学とヒューマン・バイオロジーを駆使し、脳内免疫システムを標的とした認知症に関する革新的医薬品を創出することをめざします。

G2D2 は、アカデミアや民間の研究機関が集中している世界有数のバイオテクノロジークラスターであるマサチューセッツ州ケンブリッジに所在しており、ワールドクラスのサイエンスを有する研究機関との積極的なオープンイノベーションを進めます。また、神経領域において既存の治療体系自体に変革を及ぼす潜在性を有するスタートアップ企業に対して、研究スペース( Eisai Incubator for NeuroDiscovery: e-IND)を提供するなどの支援を行う予定です。加えて、G2D2 では、ボストン/ケンブリッジ エリアにおいて、サイエンティストの次世代リーダー育成に貢献するため、遺伝学および創薬科学関連の博士研究員フェローシップを含む、インターンシップや研修プログラムなどを立ち上げていく予定です。

当社は、G2D2 の本格稼働を機に、多元的かつ包括的なアプローチによる認知症治療薬の創薬を加速させ、アンメット・メディカル・ニーズの充足と患者様とそのご家族のベネフィット向上に、より一層貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2019/news201949.html

概要:エーザイ株式会社

詳細はwww.eisai.co.jpをご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>