2019年07月22日 10時00分

Source: Toyota

トヨタ自動車、東京2020オリンピック・パラリンピックを様々なロボットでサポート


豊田, 2019年07月22日 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、オリンピックおよびパラリンピックのワールドワイドパートナーとして、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)において、従来の車両供給の枠を超えたモビリティソリューションの提供を目指しています。またトヨタは東京2020組織委員会が政府・東京都・大会パートナー及びロボット有識者と共に取り組んでいる「東京2020ロボットプロジェクト」に参画しています。トヨタは、お客様の「移動したい」という想いを支えるべく、様々な場所で活躍するロボットを通じて東京2020大会の成功に貢献してまいります。

東京2020大会に提供するロボットの活用シーン例
- ロボットを介したコミュニケーションや遠隔操作を通じ、遠隔地にいるお客様がアスリート等と交流したり、遠方のお客様に大会の雰囲気をリアルに感じていただく
- フィールド競技サポートロボットが運営スタッフの効率的な競技運営を支援する
- 車いすのお客様が心置きなく観戦を楽しめるよう生活支援ロボットでサポート

未来創生センター長の古賀伸彦は、「トヨタでは、産業用ロボットの技術を転用し、『人の活動を支え、人と共生する』をコンセプトに、2004年頃より主に身体の不自由な方や高齢の方を支援するパートナーロボットの開発に取り組んできました。モビリティカンパニーへの変革を目指す中、今後サポートの対象をさらに広げ、すべての人に移動の自由を提供したいと考えています。『移動』は、人やモノが実際に動く『物理的な移動』だけではなく、アバターやエージェントなどを介し、自分の一部分もしくは全体を仮想的に遠隔地に移動させる『ヴァーチャルな移動』、さらに移動による新たな体験や出会いから生まれる人の気持ちの動き“moved”、すなわち『感動』も移動だと考えます。東京2020大会では、ロボットの提供を通じ、すべてのお客様の『移動したい』という想いに寄り添い、お客様にスポーツが生み出す『感動』やスタジアムの熱気を感じていただくお手伝いができればと思います」と話しました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/28713215.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>