2019年08月05日 11時30分

Source: Showa Denko

昭和電工、トヨタ自動車が中国で販売するハイブリッド車向けに発電モーター封止用BMCを供給


東京, 2019年08月05日 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)は、トヨタ自動車株式会社(以下、「トヨタ社」)が中国国内で販売を開始した「トヨタカローラ ハイブリッド」「トヨタレビン ハイブリッド」の発電モーターの封止材用として、当社グループの上海昭和高分子有限公司(以下、SSHP)で生産する熱硬化性成形材料(Bulk Molding Compound 以下、「BMC」)の出荷を開始しました。



当社のBMCは、高熱伝導性、高絶縁性、耐熱性、高流動性、寸法安定性、耐薬品性という特長を有し、トヨタ社の「プリウス」等のハイブリッド車(以下、HV)発電モーター封止材用に使用されています。この度、トヨタ社の中国市場向けHV 2車種のモデルチェンジに当たり、電動車パワートレーンを現地開発及び現地生産とする方針に応じて、SSHPでBMCを生産し、トヨタ自動車(常熟)部品有限会社に供給を開始しました。SSHPでのHV用BMCの生産は、2010年の操業開始以来初めてですが、中国の環境規制強化による市場拡大が期待されます。

大気汚染防止、温室効果ガスの排出抑制のため、自動車の低燃費化や排出ガス削減のニーズが世界的に高まり、エコカーに対する消費者の関心も高まっています。中国では、2019年から自動車メーカーに一定数の「新エネルギー車(以下、NEV)」の生産を義務付けるNEV規制を施行して、環境保護の取り組みを強化していますが、HVを低燃費車とみなして普及を図り、環境対策を加速する動きがあり、HV市場の拡大が見込まれています。

当社グループは、個性派企業(収益性と安定性を高レベルで維持できる個性派事業の連合体)の実現をVision(目指す姿)としています。中期経営計画 The TOP 2021において、BMCを含む機能性化学品事業は、「変わる」に位置付けています。社会や市場の変化を予測し、社会的価値の高い製品やサービスを提供することを通じて事業を拡大し、個性派事業への成長を目指します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.sdk.co.jp/news/2019/37662.html

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

本件に関するお問合せ先:
昭和電工株式会社
広報室 03-5470-3235

Source: Showa Denko
セクター: 自動車全般, 化学品

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>