2019年11月07日 15時00分

Source: Sony

ソニー・グローバルエデュケーションと早稲田アカデミーが業務提携

小学生向けの新たなSTEM教育プログラム「CREATIVE GARDEN」を展開

東京, 2019年11月07日 - (JCN Newswire) - 株式会社ソニー・グローバルエデュケーション(代表取締役社長:礒津政明)は、株式会社早稲田アカデミー(代表取締役社長:古田信也)とロボット・プログラミングを使用するSTEM教育*講座の拡大に向けた業務提携に関する取引基本契約を締結しました。今後順次事業を展開していきます。

ソニー・グローバルエデュケーションと早稲田アカデミーは、創造性を育むロボット・プログラミング学習キット KOOV を使い、子どもたちが自ら考え創り出していくための、全く新たな講座「CREATIVE GARDEN」を2020年2月より開始します。

CREATIVE GARDEN公式ウェブサイト
https://www.waseda-ac.co.jp/elementary/option/creative_garden/

この講座では、早稲田アカデミーが40年以上にわたる受験指導で培った、子どもたちが「本気で取り組む」ための様々なノウハウと、ソニー・グローバルエデュケーションによるSTEM教育において「創造性を育む」ための製品・カリキュラム開発の知見を活かし、二社が共同開発したオリジナルカリキュラムを使用します。

2017年にソニー・グローバルエデュケーションが商品化したKOOVは、ブロックで自由な「かたち」をつくり、「プログラミング」によって様々な動きを与えるもので、子ども一人ひとりが、より楽しく、自分のペースでプログラミングを遊びながら学べるように開発された学習キットです。

KOOV公式ウェブサイト
https://www.koov.io/

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201911/19-1107/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

Source: Sony
セクター: ITエンタープライズ, アートとデザイン, ベンチャーキャピタル, デジタル

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>