2020年03月25日 09時00分

Source: Eisai

エーザイ、マルチキナーゼ阻害剤レンバチニブの創製「2020年度 日本薬学会創薬科学賞」を受賞


東京, 2020年03月25日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、当社が創製した経口マルチ キナーゼ阻害剤レンバチニブメシル酸塩(製品名:「レンビマ(R)」、以下 レンバチニブ)の創薬研究が、日本薬学会より「2020年度 日本薬学会創薬科学賞」を受賞したことをお知らせします。

日本薬学会創薬科学賞は、日本薬学会が定める賞の一つであり、医薬品の創薬およびそれに関連した薬学の応用技術の開発において、医療に貢献する優れた研究業績を残した研究者に対して授与される賞です。研究の独創性に加え、医薬品の有効性や安全性等、医療および技術における革新性が評価対象になります。1988年に同賞は創設され、当社としては、1998年度にアルツハイマー型認知症治療剤ドネペジル塩酸塩の創製に対して、2013年度に抗がん剤エリブリンメシル酸塩の創製に対して、同賞をそれぞれ受賞しています。

このたびの受賞理由として、「独自に構築したヒト病態を模倣した評価系を用いて得られたリード化合物を基に巧みな合成展開を行い、世界初の結合様式(タイプV)を持つキナーゼ阻害剤レンバチニブを創製したこと、腫瘍増殖と血管新生に関連する複数のキナーゼを選択的に阻害する薬剤特性を巧みに利用し、臨床試験において多くのがん腫に対する有効性を確認し、本賞応募時点で甲状腺がん、腎細胞がん、肝細胞がんに係る適応を取得していること、加えて、米国食品医薬品局よりブレークスルー・セラピーの指定を受けている革新的な医薬品であり、今後、グローバルでの成長が大いに期待されること」などが挙げられました。

現在、レンバチニブは、甲状腺がんに係る適応で日本、米国、欧州など60カ国以上、肝細胞がんに係る適応で日本、米国、欧州、中国、アジアなど55カ国以上、腎細胞がん(二次治療)に対するエベロリムスとの併用療法に係る適応で米国、欧州、アジアなど50カ国以上、さらに子宮内膜がんに対する「キイトルーダ(R)」(一般名:ペムブロリズマブ)との併用療法に係る適応で米国、オーストラリア、カナダの3カ国で承認を取得しています。

当社は、がん領域を重点領域の一つと位置づけており、がんの「治癒」に向けた革新的な新薬創出をめざしています。当社は、レンバチニブによるがん治療の可能性を引き続き追求し、がん患者様とそのご家族、さらには医療従事者の多様なニーズの充足とベネフィット向上により一層貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2020/news202014.html

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>