2020年09月09日 14時00分

Source: 三菱電機株式会社

三菱電機、IoTプラットフォームを活用したビル運用支援サービスを発売

ロボットのビル内移動支援やZEBの運用支援を通じて、スマートビルの実現に貢献

東京, 2020年09月09日 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、クラウド上に蓄積したビル設備データの利活用を可能にする独自のスマートシティ・ビルIoTプラットフォーム「Ville-feuille(TM)(ヴィルフィーユ)※1」を開発し、これを活用した新たなビル運用支援サービスを10月1日から順次発売します。

ロボットの円滑なビル内縦横移動を支援する「ロボット移動支援」や、遠隔でのビルのエネルギー管理、ZEB※2運用を支援する「エネルギーマネジメント」など、新たな社会課題解決に向けたサービスの提供により、スマートシティ※3・スマートビル※4の実現に貢献します。

ビル運用支援サービスの特長

1. ロボットの円滑なビル内縦横移動を支援し、ビル管理業務の省力化に貢献
<ロボット移動支援サービス>
- 警備、清掃、物品搬送などの自走式サービスロボットの位置情報をもとに、エレベーターや入退室管理システムなどのビル内設備を制御し、ロボットの円滑なビル内移動を支援
- 複数用途・複数台数のロボットの同時運用も可能にし、ビル管理業務の省力化に貢献

2. 遠隔でのビルのエネルギー分析を省力化、ZEBのエネルギー削減目標達成に貢献
<エネルギーマネジメントサービス>
- クラウド上に電力使用量などのデータを蓄積することで、タブレットやモバイルパソコンなどを用いて遠隔でもデータを確認でき、ビルのエネルギー管理を省力化
- グラフ表示機能を活用して、計画値と実績値の差異や改善点を管理者が抽出するなど、目的に応じたBEMS※5データの分析を可能とし、ZEBのエネルギー削減目標達成に貢献

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2020/0909.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。

Source: 三菱電機株式会社
セクター: エレクトロニクス

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>