2020年09月27日 16時00分

Source: Xingyun

Xingyun Groupは、シリーズCファイナンスで2億米ドルを受け、高品質の消費財のオムニチャネル流通ネットワークを引き続きアップグレードし、テクノロジーで小売eコマースサプライチェーンに取り組んでいる


深セン, 2020年09月27日 - (JCN Newswire) - Xingyun Groupは、中国での優秀なグローバルな商品統合サービスプラットフォームである。9月24日、Xingyun GroupはシリーズCファイナンスで2億米ドルを受けたことを発表した。今回の融資には、Taikang Life、Highlight Capital、UMFofsが共同で主導し、Morningside Venture Capital、Hidden Hill Capital、C&D Emerging Capital、Focustar Capital、Pantheon Assetが投資をフォローアップし、旧株主であるMatrix Partners ChinaとSource Capitalも投資した。また、China Renaissanceが専属の財務顧問を務めていた。



この融資は主に、産業チェーンの継続的な徹底的な拡張、サプライチェーン機能の改善と強化、およびチームの補足と拡張に使用される。一方では、産業チェーンを深めることでより多くの価値を提供し、上流のカテゴリとトランザクションシナリオを拡大し、継続的に競争に対する高い障壁を構築する。一方では、サプライチェーンの包括的なサービス機能を拡張することで、粗利益と利益率を継続的に改善する。グローバルなeコマースサプライチェーン会社を構築する長期的な戦略を確立し、「世界で購入し、世界で売る」という新たな国境を越えた商品チャネルをアップグレードし続ける。

2020年コロナウイルスで、国境を越えた電子商取引は迅速な供給を確保する上で買っており、国内の需給バランスを保ちながら、グローバルなサプライチェーンリソースを持つ企業にも開発の機会がある。また今回のCラウンドを円滑にできたことも、マルチパーティのキャピタルはXingyun Groupが楽観的であることを示している。

Xingyun Groupは2015年から創立して以来、Eastern bell Capital、Matrix Partners China、GSR United Capital、Hongtai Aplus、Oriental Fortune Capitalなどの機関から融資を受けた。公式データによると、プラットフォームGMVは2019年に135億に達し、近年の急成長を続けていた。

Xingyun Groupは、「グローバルトレーディングを容易にする」ことを使命として、国際的なブランドにワンストップのサプライチェーンサービスを提供することに取り組んでいる。強力なブランド価値形成機能とオムニチャネルレイアウト機能により、国際市場のブランドが中国市場で1からNに急成長するのに役立つ。また、Swisse、Sesderma、Jamieson、Friso、Heinz、PAC、Kids Smart、Healthy Careなどのような高品質な国際ブランドを中国の消費者にリンクすることに取り組んでいる。

Xingyunは16万人以上のオンラインおよびオフラインの顧客にサービスを提供した。また、上流のブランドと下流のチャネルの優れたリソースも増えていく。同時に、グローバルなロジスティクスと倉庫機能の統合を重視している。サプライチェーンサービス機能は引き続き向上している。同社の売上総利益率は、2020年の第1四半期で前年比173 %増加した。

Xingyun Groupの創設者兼CEOのBillyは、「より多くの資金を投入することで、Xingyun Groupが規模を達成し、競争に対する障壁を強化することが保証される。また、Xingyun Groupもグローバル製品に力を与え、迅速かつ正確にトラフィックに到達し、世界と業界により大きな価値を生み出す」と述べた。

Media Contact
Cynthia
[email protected]

Source: Xingyun


Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>