2021年02月19日 15時00分

Source: Honda

Honda、社長人事について


東京, 2021年02月19日 - (JCN Newswire) - Hondaは、本日の取締役会において、専務取締役の三部 敏宏(みべ としひろ)を、本年4月1日付で代表取締役社長とするとともに、現 代表取締役社長である八郷 隆弘(はちごう たかひろ)を同日付で取締役とする人事を決定しました。なお、6月に開催予定の定時株主総会にて、三部は取締役代表執行役社長※に就任し、八郷は退任する予定です。

八郷は、2015年から約6年間の社長在任中、事業環境の大転換期にあたり、Hondaが将来に渡り存在を期待される企業であり続けるために、「2030年ビジョン」を策定。「すべての人に『生活の可能性が拡がる喜び』を提供する」というステートメントの実現に向け、「既存事業の盤石化」と「将来の成長に向けた仕込み」に取り組み、チーム・Hondaをリードしてきました。生産領域や開発領域の効率化や体質強化をはじめ、グローバルでの選択と集中を行うことで、将来への土台づくりを完成させ、新しい時代に向けてHondaが走り出す準備を整えました。

社長に就任予定の三部は、1987年にHondaに入社、その後、エンジン開発を中心に四輪車の研究・開発に従事してきました。2019年には株式会社本田技術研究所代表取締役社長に、2020年には本田技研工業株式会社の専務取締役に就任し、現在に至っています。

変革の時代に、新しい価値観の拡がる世界において、新体制のもと、「技術は人のため」という Hondaの創業時から変わらない、社会課題解決への姿勢をさらに強めることで、持続した成長・進化を実現していきます。社会とともに成長し、進化し続けるHondaにぜひご期待ください。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2021/c210219a.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。

Source: Honda
セクター: 自動車

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>