2021年02月22日 11時00分

Source: Fujitsu Ltd

津田塾大学・日本女子大学・富士通など、「女子大学生ICT駆動ソーシャルイノベーションコンソーシアム」を設立

情報化社会を牽引する女性人材の育成へ、産学一体で始動

東京, 2021年02月22日 - (JCN Newswire) - 津田塾大学、日本女子大学、富士通株式会社(以下 富士通)、アシアル株式会社(以下 アシアル)、富士通クラウドテクノロジーズ株式会社(以下 富士通クラウドテクノロジーズ)は、ICT技術を活用したソーシャルイノベーションの実現を可能にし、Society 5.0(注1)時代を牽引していく女性人材を産学一体で育成していく取り組みとして、「女子大学生ICT駆動ソーシャルイノベーションコンソーシアム(WUSIC:Women's University students ICT-driven Social Innovation Consortium)」(以下 本コンソーシアム)を2021年2月22日に設立し、参加する企業や大学等の教育研究機関の募集を開始します。

本コンソーシアムでは、女子大学生向けにスマートフォンアプリ開発の実践的なプログラミング教育や開発コンテスト、賛同企業へのインターンシップ、さらには研究や社会実装の場を提供することで、専攻分野を問わずプログラムやクラウドの仕組みを理解し、システムの設計・開発力を身に着ける機会を創出します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/02/22.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, IT

Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


Latest Release

More Latest Release >>