2023年05月24日 11時00分

Source: Eisai

米国臨床腫瘍学会年次総会におけるエーザイのがん領域の製品・開発品に関する発表について

東京, 2023年05月24日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、2023年6月2日から6日まで米国イリノイ州シカゴおよびバーチャル形式で開催される「米国臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology:ASCO)年次総会」(2023 ASCO Annual Meeting)において、当社のがん領域における製品・開発品の様々ながん種における最新知見を発表することをお知らせします。

本学会では、レンバチニブ(製品名:レンビマ(R))とペムブロリズマブ(製品名:キイトルーダ(R))の併用療法について、進行性腎細胞がんの一次治療として、スニチニブと比較して評価した臨床第III相CLEAR(307)試験/KEYNOTE-581試験の事前に設定した全生存期間の最終解析結果を口頭発表します(抄録番号:4502)。また、レンバチニブ単剤療法について、切除不能肝細胞がんの一次治療として、ソラフェニブと比較して評価したREFLECT試験事後解析の最新の知見をポスター発表します(抄録番号:4078)。

当社常務執行役、チーフサイエンティフィックオフィサーの大和隆志博士は、「近年、進行性腎細胞がんの予後は劇的に改善しており、米国臨床腫瘍学会年次総会で発表されるレンバチニブとペムブロリズマブの併用療法によるCLEAR試験の最終解析結果は、患者様にとってさらなる前進であり、その長期的な治療成績を主治医の皆様に提供する機会となります。今回、レンバチニブやその他のオンコロジー開発品から得られた新たな知見は、より多くのがん患者様のニーズを満たすというヒューマンヘルスケア理念の実現に向けた、イノベーションの推進と新たな治療法の確立に対するエーザイの継続的なコミットメントを示しています」と述べています。

また、CREB-binding protein(CBP)/β-catenin 相互作用阻害剤E7386について、レンバチニブとの併用療法による進行性肝細胞がんを対象とした臨床第Ⅰb相試験(抄録番号:4075)や、E7389-LF(エリブリンリポソーム製剤)について、ニボルマブとの併用療法を評価する臨床第Ⅰb/II相試験における小細胞肺がんを対象としたコホート(抄録番号:8593)からの最新の知見をポスター発表します。また、抗体薬物複合体であるfarletuzumab ecteribulin (FZEC、開発コード:MORAb-202)およびMORAb-109について、希少婦人科がんを対象とした前臨床試験で得られた知見がオンライン掲載される予定です(抄録番号:e17634)。

さらに、当社が2023年4月に戦略的提携に向けたオプション権を有する共同開発契約をBliss Biopharmaceutical Co., Ltd.(以下BlissBio)と締結した抗体薬物複合体BB-1701について、BlissBioがFirst-in-human試験の結果をポスター発表します(抄録番号:3029)。BB-1701は、HER2をターゲットとした抗体薬物複合体であり、現在米国および中国においてHER2発現の固形がんを対象としたフェーズⅠ/II試験が進行中です。

本学会におけるプレゼンテーションは以下のとおりです。抄録(アブストラクト)は、2023年5月25日4:00 PM(米国中部夏時間)に公開される予定です。
※以下URLをご参照 https://www.eisai.co.jp/news/2023/news202337.html

レンバチニブの単剤療法およびペムブロリズマブとの併用療法に関して、当社は、2018年3月にMerck & Co., Inc., Rahway, NJ, USAとグローバルな共同開発と共同販促を行う戦略的提携契約を締結しています。両社は、LEAP(LEnvatinib And Pembrolizumab)臨床プログラムを通じて、本併用療法の様々ながん種における複数の臨床試験を実施中です。

抗葉酸受容体(folate receptor:FR)αをターゲットとした抗体薬物複合体であるfarletuzumab ecteribulin(開発コード:MORAb-202、略称:FZEC)について、当社は、2021年6月にブリストル マイヤーズ スクイブと共同開発・共同商業化に関するグローバルな独占的戦略的提携契約を締結しています。当社とブリストル マイヤーズ スクイブは、米国、欧州において子宮内膜がんなどを対象とした臨床第I/II相試験、米国、欧州において非小細胞肺がんを対象とした臨床第Ⅱ相試験、日本、米国、欧州において卵巣がん、腹膜がんおよび卵管がんを対象とした臨床第Ⅱ相試験を実施中です。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2023/news202337.html

概要:エーザイ株式会社

詳細は www.eisai.co.jp をご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック

Copyright ©2024 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エーザイとバイオジェン、早期アルツハイマー病治療剤「レケンビ(R)」の静注維持投与に関する生物製剤承認一部変更申請が米国FDAにより受理
2024年06月10日 13時00分
 
エーザイ、創薬イノベーションおよびエコシステム プラットフォーム構築の加速に向けたベンチャー投資事業を強化
2024年06月03日 14時00分
 
エーザイ、TIME 誌による「最も影響力のある 100 社(TIME100 MOST INFLUENTIAL COMPANIES)」に選定
2024年06月03日 14時00分
 
エーザイ、抗てんかん剤「フィコンパ(R)」の注射剤を新発売
2024年04月17日 10時00分
 
エーザイ、早期アルツハイマー病の診断の簡便化を支援するためC2N Diagnostics LLCに出資
2024年03月06日 12時00分
 
エーザイ、第18回アルツハイマー・パーキンソン病学会(AD/PDTM2024)において、レカネマブをはじめとするアルツハイマー病に関する最新研究成果を発表
2024年02月29日 11時00分
 
エーザイ、「メトジェクト(R)皮下注ペン」(一般名:メトトレキサート)が日本においてペン型自動注入器注射剤の承認を取得
2024年02月16日 12時00分
 
エーザイ、ASCO GI および ASCO GU において複数のがんに対する最新の開発研究に関する演題を発表
2024年01月16日 09時00分
 
大分大学とエーザイ、リストバンド型生体センサを用いた脳内アミロイドベータ蓄積予測モデルの開発
2023年12月26日 15時00分
 
エーザイ、第16回アルツハイマー病臨床試験会議(CTAD)において「レケンビ」の臨床第III相Clarity AD試験の新規データを含むアルツハイマー病領域の最新データを発表
2023年10月16日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>