2023年05月24日 14時00分

Source: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.

三菱造船、舶用大型低速2ストロークエンジン向けにアンモニア燃料供給装置を納入
海事業界のGHG排出削減を目指す

東京, 2023年05月24日 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱造船株式会社(社長:北村 徹、本社:横浜市西区、以下、三菱造船)はこのほど、舶用大型低速2ストロークエンジン向けアンモニア燃料供給装置を、エンジンの製造などを手掛ける株式会社ジャパンエンジンコーポレーション(社長:川島 健氏、本社:兵庫県明石市、以下、J-ENG)へ納入しました。

J-ENGは現在、長崎市の三菱重工業総合研究所長崎地区において、新たに開発した舶用大型低速2ストロークエンジンを使った多様な条件下でのアンモニア燃料試験を実施中です。三菱造船が今回納入したアンモニア燃料供給装置も同地区に設置され、同試験におけるエンジンへの燃料供給を担っています。

アンモニアは燃焼してもCO2を排出せず、海事業界のGHG(温室効果ガス)排出削減に大きく寄与する燃料として注目されており、安定的なクリーンエネルギーとしての将来的な活用が見込まれています。三菱造船としては今後、さらに船舶用アンモニア燃料供給装置の製造・供給も担うことで、海事業界のGHG排出削減につなげていく狙いです。

三菱造船は、三菱重工グループが戦略的に取り組むエナジートランジションの一環として、これまでの輸送船建造で培ったアンモニアハンドリング技術や知見を結集させ、海洋システムインテグレーターとして海事業界における脱炭素化を推進してカーボンニュートラル社会の実現に尽力するとともに、世界規模での環境負荷低減に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/23052401.html

三菱重工グループについて

三菱重工グループは、エンジニアリングとものづくりのグローバルリーダーとして、 1884年の創立以来、 社会課題に真摯に向き合い、人々の暮らしを支えてきました。長い歴史の中で培われた高い技術力に最先端の知見を取り入れ、カーボンニュートラル社会の実現 に向けたエナジートランジション、 社会インフラのスマート化、サイバー・セキュリティ分野 の発展に取り組み、 人々の豊かな暮らしを実現します。 www.mhi.com/jp

Source: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.
セクター: エネルギー, エンジニアリング, 宇宙・防衛, 建設, EV, Smart Cities

Copyright ©2024 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱重工、防衛省向け3,900トン型護衛艦「あがの」を長崎にて引渡し
2024年06月20日 15時00分
 
三菱造船、国内初のメタノール燃料ロールオン・ロールオフ貨物船2隻を受注
2024年06月18日 16時00分
 
MHIEC、横浜市保土ケ谷区の一般廃棄物焼却施設建替工事を受注
2024年06月06日 15時12分
 
三菱重工サーマルシステムズ、中小型配送車両向け電動式輸送用冷凍ユニット「TEKシリーズ」を新たに販売開始
2024年06月06日 11時47分
 
三菱造船、LNG燃料ガス供給システム(FGSS)2基を追加受注
2024年06月05日 11時47分
 
三菱重工、「デジタルトランスフォーメーション(DX)グランプリ2024」を初受賞
2024年05月30日 15時00分
 
MHIET相模原工場内の水素専焼エンジン発電セット実証設備および水素供給設備が完成
2024年05月29日 14時00分
 
出光興産、ENEOS、トヨタ自動車、三菱重工業、自動車向けカーボンニュートラル燃料の導入と普及に向けた検討を開始
2024年05月27日 14時00分
 
三菱重工と日本ガイシ、バイオエタノールとe-メタノールの膜分離脱水システムを共同開発
2024年05月22日 14時00分
 
三菱重工、防衛省向け3,900トン型護衛艦「やはぎ」を長崎にて引渡し
2024年05月21日 16時16分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>