2024年02月09日 13時00分

Source: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.

三菱重工、JAXAのX線分光撮像衛星「XRISM」による初期観測画像取得の成功に貢献

東京, 2024年2月9日 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、1月5日に国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発表したX線分光撮像衛星「XRISM(クリズム)」のファーストライト(初期観測画像取得)成功(注1)について、JAXAが開発したXRISMに搭載され、銀河を吹き渡る風である高温プラズマの分布や化学組成を観測する軟X線撮像装置「Xtend(エクステンド)」および軟X線分光装置「Resolve(リゾルブ)」によるデータ取得に貢献しました。

XRISMは、星や銀河、銀河の集団がつくる大規模構造の成り立ちをこれまでにない詳しさで明らかにすることを目的とし、当社はミッション機器担当メーカーとして、Xtend用のX線CCD(注2)検出器やミッションデータ処理装置、Resolve用のミッションデータ処理装置の設計・製造を担当しました。XRISMは、小型月着陸実証機「SLIM(スリム)」(注3)とともに、当社のH-IIAロケット47号機(H-IIA・F47)により2023年9月7日に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。

Xtend用のX線CCD検出器では、4枚のCCDを高精度に配置・組み立てることにより、これまでのX線観測では複数回の観測でカバーしていた視野をわずか1回の観測で捉えることができる広視野角を実現しました。また、Xtend/Resolve用のミッションデータ処理装置には、JAXAと当社が共同開発し、高い信頼性と耐放射線性を持つ衛星搭載用MPU(マイクロプロセッサ)「SOI-SOC2」を搭載することで、高速データ処理を実現しました。

三菱重工は、多くの科学衛星搭載ミッション機器向けのセンサーおよび電子機器の開発実績を有しています。今後も、蓄積してきた技術力・知見と豊富な経験を生かし、さまざまな宇宙分野の発展に貢献していきます。

URL https://www.mhi.com/jp/news/24020901.html 

Source: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.
セクター: エネルギー, エンジニアリング, 宇宙・防衛, 建設, EV, Smart Cities

Copyright ©2024 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱造船、WinGD社製舶用エンジン向けアンモニア燃料供給装置の基本設計を完了
2024年02月22日 18時00分
 
三菱重工、CDPの気候変動レポートにおいてリーダーシップレベルのA-評価を獲得
2024年02月19日 12時00分
 
三菱重工、ウズベキスタン向けに最新鋭JAC形GTCC発電プラントを受注
2024年02月13日 17時00分
 
三菱重工、「ニッセイ・ポジティブ・インパクト・ファイナンス」契約を締結
2024年02月09日 16時02分
 
三菱重工、英国初となるセメント工場向けCO2回収プラントの基本設計(FEED)を新たに受注
2024年02月06日 13時30分
 
三菱重工、人事異動を発表
2024年01月22日 14時30分
 
三菱造船、日本サルヴェージ向け海難救助船兼曳船「航洋丸」の命名・進水式を下関で実施
2024年01月12日 15時00分
 
三菱造船と日本シップヤード、2028年以降の国際間大規模液化CO2海上輸送の実現に向けて液化CO2輸送船の共同検討に関する覚書を締結
2023年12月27日 15時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、欧州向けヒートポンプ式給湯暖房機に新シリーズ「Hydrolution EZY」を追加
2023年12月25日 13時00分
 
三菱造船、液化CO2船舶輸送の実証試験船の命名引渡式を下関で実施
2023年11月28日 17時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>